野鳥のページ花や樹木のページ   八幡自然塾八幡の蝶
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



page_top

「会員ひろば」 メニューへ戻るフォトアルバム


会員の皆様からの、「写真とメッセージ」 のひろばです。 投稿をお待ちしています。


 【 Sub Menu
蛇が燕を呑む アオダイショウがツバメを捕らえた珍しい写真
G-Grass 久木野 訪問記 相互リンク先の、「グリーン・グラス久〜久木野」 訪問記
おもしろクラフト作品 木の枝から生まれるニューフェイス

 
(注) 投稿日順(昇順)




























蛇が燕を呑む
蛇が燕を呑む 投稿者: 日根 2004/10/31 「フォトアルバム」 へ戻る



アオダイショウがツバメを捕らえた珍しい写真です。   観る

  • 【補足】
     好奇心のある方、気丈な方にはお勧めです。
     気の弱い方、並びに、心優しい方には、無理には勧めません。







G-Grass 久木野へ
★ G-Grass 久木野へ 投稿者: 好酉 2005/01/24 「フォトアルバム」 へ戻る


Green Green Grass in Aso 〜 久木野
 東屋山荘
2005/01/23 Photo by I. Tanabe
 相互リンクをして頂いているホームページ、「Green Green Grass in Aso 〜 久木野」 を訪問する機会があった。

 家内の実家を宿代わりに、鹿児島県出水市で越冬するナベヅルを観に行ったが、いつまでも厄介になるわけには行かない。 いよいよ帰京することとなり、かねて、期待の久木野に立ち寄ることが出来た次第である。

 空港から近いと聞いていたとおり、車で熊本空港の下を潜り抜け、25分程で到着することが出来た。 事前に連絡していたことが功を奏したのであろう、庭にある東屋山荘(写真)のダッチオーブンでの焼き芋と、ご夫妻の笑顔で歓迎してくれた。

 この日、昨夜の雨が、ここでは雪となり、阿蘇も真っ白に化粧されていた。 私は雪化粧の阿蘇を見るのは初めてだ。 今シーズン初めての景観とも聞いた。 そう何度も見れるものでは無い。 南国の九州で雪というのも不思議に思うけれど、そうでも無いらしい。





 本州のように表と裏を分ける山脈が無いから、大陸からの寒気団が、この辺りまで、直接流れ込むことが出来るからだろう。

 ホームページで好評連載中のウメ太郎にも会えた。 屋外にある庭付き一戸建ての家から、寒いのか、母屋の中に仮住まい中ではあるが、元気な様子で、差し入れの葉っぱを、むしゃむしゃと食べてくれた。


 徳利の中での、シジュウカラの子育ての一部始終を見てきた、例の信楽焼きのタヌキも、ベルギーの小便小僧を気取っていた。 柄杓も置いてあり、美味いらしいが、飲むには気が引ける。


 しかし、実際、出された水の美味たるやこの水に間違いなし、であろう。 また、当然のことながら、美味であったコーヒーも、然りである。 地下深層部の水だというから、阿蘇の伏流水の中でも極め付けかも知れない。

 独力で建築中の囲炉裏つきの宿泊施設も、骨格は出来上がっていたが、完成時期は、定かではないとのこと。 これも、ホームページで適宜、経過報告がなされる筈だ。 この次に訪問する時には、出来上がっていればいいが・・・










おもしろクラフト作品
★ おもしろクラフト作品 投稿者: 金田 徹 2011/12/15 「フォトアルバム」 へ戻る


 大泉緑地・鶴見緑地 (2011/12/15)バードウォッチングのイベントに参加の折、自作のクラフト作品の現物の投稿いただきました。 いろんな木の枝の特徴を生かした愛嬌のある顔に仕上がっています。


 目玉は手芸屋さんで手に入るそうですから ・・・ 想像力さえあれば ・・・ どなたでも作れそうです。 みなさんも挑戦されてはいかがでしょう。


クラフト craft
 手仕事による製作。 手工業。 工芸。
by 広辞苑第六版より引用






写真@
金田さん自作のクラフト作品 (1)




 口と鼻にあたる部分の造形は、 から 葉柄 ようへい を取り除いたときの痕跡だということでした。

  ・・・ ナイフ等で削り取ったものではありません。


 材料の小枝は ・・・ 桜だ、松だ、などと指定するものではありません。

 また、幹や枝や茎や根や ・・・ ちょっと野山に行けば材料には事欠かないでしょう。
写真A
金田さん自作のクラフト作品 (2)




 ピノキオのような鼻は、小枝をそのまま利用している。

 口はナイフを使って削ったもので、樹皮の厚さが丁度、唇のように見える。

 ・鼻の長さ、反り具合
 ・両目の配置
 ・額や顎の長さ

 ・・・ といった組み合わせで ・・・ それこそ無限にいろんな表情が生まれてくるに違いない。



↑ Page Top へ 








八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾