cf. 好酉の鳥紀行 Travel writing for bird-watching by Kohyuh
 cf. 行程図 フランス編 (拡大版)

 コマドリ (駒鳥)
八幡の鳥・日本の鳥 Top Page へ戻る
2006/12/04
コマドリ 京都御苑 2006/11/10 Photo by Takayama
コマドリ
京都御苑
2006/11/10
Photo by Takayama
(写真提供: 高山)

★写真は成鳥: クリックで拡大する

スズメ目 Passeriformes
ツグミ科 Turdidae
学名] Erithacus akahige
英名] Japanese Robin
全長 (L) = 14 cm *8
夏鳥





【2006/12/04】
 高山さんからコマドリの写真 (2006/11/10 撮影) をいただいた。

 《 Nice to meet you. 》
 『もっと山奥にいるのかと思っていました、かわいい鳥です』

 とのコメントが添えてあった。





 コマドリは私の憧れの鳥であり、山登りしてでもめぐり会いたいと思っていたから、京都御苑というと、言ってみればお膝元で観ることが出来たことになる。 これは驚きと言うほかない。 それに、実に見事に撮っている。

 何を置いても駆けつけるべきであったが、一週間も経たぬ内に姿を消したという。 どうしても観に行けない理由が何かあったのか、また、そんなものある訳がないと思うが、今となっては忘れてしまって弁解のしようがない。


コマドリ (駒鳥)
 「ひいん、からから」と高くて美しい声 で鳴く
 (鳴声が馬のいななきに似るところから) 駒鳥 (駒 = 馬のこと)

 小形で、スズメよりやや大。 雄の背面は暗赤褐色、顔から上胸は美しい橙赤色でその下端は黒色横帯で区切られる。 日本各地に分布し、夏、亜高山帯の渓流に沿って繁殖。
 広辞苑第四版より引用





 私がコマドリに憧れる理由であるが、子供の頃にロビンフッドの物語や映画を観たからだと思う。 そして大人になって、そのロビンフッドとコマドリが結びついたからである。

 cf. ロビンフッド Robin Hood


 今の時代では、何が善で何が悪か、簡単に決め付ける訳にはいかないが、昔は簡単であった。 ロビンフッドが山賊まがいのことをしても何もおかしくない。

 悪いのは領主の方であると決まっていた。 その悪いものを懲らしめるのであるから痛快極まりない。



 でもこれからは、映画のロビンフッドもインディアンと同じように、かっての姿では登場しなくなるだろう。 情報社会となって地球が狭くなった現在では、ひとりよがりの映画作りは難しかろう。

 そして、いつしかロビンフッドが忘れ去られることになったとしても、ロビン (コマドリ) は愛されつづけることだろう。 単に可愛いからではない。

 そして、コマドリだけではないだろう。 小さな野生の営みを目の当たりにすれば、見失っていたものに気付くに違いない。 そして、それが次に繋がる気付きになるのではなかろうか。

 cf. 我々は 失うまで 気付かない






間違うこともある
 学名に 「アカヒゲ」 とあるのは テミンク Temmink が間違えて命名したとある。 アカヒゲというコマドリに似た 日本固有種 の鳥がいる。 いきさつは知らないが、それと間違えたらしい。 また、彼は ムギマキ の命名者でもある。


テミンク Temminck という人
 コンラート・ヤコブ・テミンク Conraad Jacob Temminck は、ライデン国立自然史博物館 the National Natural History Museum at Leiden の初代館長を務めた人である。

 シーボルト (Siebold, Philipp Franz Balthazar von, 1796-1866) が日本滞在中に採集した膨大な動物標本と資料を本国オランダに送り続けていたが、それらの研究をテミンクに委ねたのである。

 それを受けてテミンクは、シュレーゲルとデ・ハーンという二人の館員とともに、これを 『日本動物誌 Fauna Japonica 』 として出版した。

 テミンクはその序文も執筆している。 この本により、日本の動物が西欧に広く紹介されたのである。

 また、テミンクの父はオランダ東インド会社の収入役であり、その父が集めた膨大な鳥の標本を引き継いだという。 日本にも造詣が深かったかも知れない。

 その中でムギマキも見ていたのであろう。 ムギマキの命名者となっている。 また、コマドリのことをよく似たアカヒゲと間違えて、コマドリの学名に akahige と命名している。
 by Wikipedia から引用




 ルリビタキにしろジョウビタキにしろ、名前に 「ヒタキ」 とつくのに何故か ツグミ科 になっている。 それが不思議でならなかったが、ツグミ科 の鳥に共通していることは、ツグミのように足が丈夫で、地上に降り立つことができるという。

 なるほどそう言えば、ルリビタキもコマドリも地上にいるのを何度も目撃している。

 cf. ルリビタキがツグミ科である訳
 cf. ヨーロッパコマドリ







学名の意味 *12
 Erithacus @ 赤い(小さな鳥)  【ギ】 erithakos 赤い小さな鳥の意
A ものまねをする鳥  【ギ】 erithacos ものまねをする鳥
 akahige Temmink はアカヒゲとコマドリを間違えて命名した


英名の意味
 Japanese 日本の
 robin 〔鳥〕 ヨーロッパコマドリ、ロビン
 【解説】
 春の到来を告げる鳥とされる小鳥で、胸が赤い;
 英国人に最も愛されており1960年より国鳥に指定;
 雄は cock robin
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998







  





八幡自然塾