cf. 好酉の鳥紀行 Travel writing for bird-watching by Kohyuh
 cf. 行程図 フランス編 (拡大版)

 ノビタキ (野鶲) 八幡の鳥・日本の鳥 Top Page へ戻る
2006/11/06
《ノビタキ》 写真はクリックで拡大する
ノビタキ ♀
八幡市 大谷川
2006/10/04
Photo by Takayama
(写真提供: 高山)

★写真は成鳥: クリックで拡大する

スズメ目 Passeriformes
ツグミ科 Turdidae
学名 Saxicola torquata
英名 Stonechat
全長 (L) = 13 cm *8
夏鳥









【2006/11/06】
 高山さんからノビタキの写真をいただいた。

 《 フライングキャッチ 見てくれた? 》
 『愛嬌のあるかわいい鳥です。 この時期是非、会いに行ってください』

 とのコメントが添えてあった。




 早速、私は観に行って出会えたのであるが、この頁を観たからといって出かけられても駄目かもしれない。 写真をいただいたのが、かれこれ一月ほど前のことである。 夏鳥 であるから、もう、暖かい国へ渡って行ったと思う。

 アップ作業にも順番があって、それに手間取り、申し訳ないことをした。 ノビタキの繁殖地は、涼しい本州中部以北というから、八幡市に長居はしないようだ。



 野鶲 のびたき
 スズメ目 ヒタキ科 ツグミ亜科の鳥。
 小形で、雄の夏羽は頭と尾が黒く、胸は栗色、翼は黒褐色、腹と腰は白色で美しい。 雌は淡色。

 欧亜大陸に分布し、わが国には 夏鳥 として中部以北の草原で 繁殖、秋、東南アジアに渡る。
by 広辞苑第四版から引用




 婚姻色 の残っている ノビタキ ♂ も観たが、私のカメラでは無理であった。 また、ノビタキの囀り(さえずり)を未だ実際には聞いたことがないが、録音で聞く限り、なかなか美しいものであった。 ただ、恋の季節までは、八幡には留まってくれないかも知れない。 いづれにしても、来シーズン春の渡来時に期待をかけることにする。 



 ノビタキの観察は楽しい。 今回は、丁度、稲刈りが始まる寸前の頃だった。 圃場 ほじょう の中の杭とか背の高い雑草とか、一段高いところに止まって、フライングキャッチを繰り返す。



フライングキャッチ flying catch
 どうも和製英語のような気がする。 "aerial insectivores" 空中を飛びながら虫を獲る、という言葉はよく見るが、"flying catch" は見かけない。 まぁ、それはどうでも良い。

 今止まっているところから飛び立ち、飛んでいる昆虫を空中で捕らえて、また元の場所に戻る行動をいう。

 ときに、一発で捕らえ損ねて追いかける結果、元の位置に戻れないこともある。


 一方、カワセミも川に飛び込んで魚を捕らえて、また元の位置の戻るが、これはダイヴィングキャッチ diving catch といって区別する。








名前の由来 引用 *31
 ノビタキは江戸時代中期からから 「のびたき」 の名で知られていた。  また、「あっとりひたき」 などの異名がある。


 ノビタキの名前の由来については記載がない。 ただ、「あっとりひたき」 の名前の由来は、"あとり" に似た "ひたき" という意味とのことであるから、 "ひたき" という鳥の概念は分かっていたのだろう。


 となれば、"のびたき" は、"野原" に棲む "ひたき" という意味であろうことは説明を要しまい。






渡り 引用 *13
 主に、ロシア、中国などの 中緯度帯 から 高緯度帯 にかけて繁殖し、夏場はタイ、カンボジア、インド、、サウジアラビア、アフリカ東部などで越冬する 渡り鳥 である。

 日本には本州中部以南では春秋の渡り期、特に秋に多く渡来する。 本州中部以北では 夏鳥 として渡来する。

 西欧では主に 留鳥 である。




食べもの by Wikipedia
 主に昆虫 フライングキャッチ flying catch 捕食する。 また、地上では種子ベリー類 なども食べる。








学名の意味 *12
Saxicola 岩間に棲む  【ラ】 saxum 岩 + cola 棲む
torquata 首飾りのある  torqatus の女性形


英名の意味
stonechat ノビタキ: ツグミ科
stone : (個々の)石
【類語】
 stone は rock のかけらで、あまり大きくない石;
 rock は地球の表面を形成している大きな岩石;
 gravel は stone より小さい石で、道路に敷いたりする;
 pebble は水の作用で丸くなった小石;

 《米》 では rock を石の意にも用いる
 a precious stone 宝石
 throw stones 石を投げる
chat : (くつろいで親しげに交わす) 雑談、おしゃべり
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






  

  





八幡自然塾