coocan  野鳥のページ花や樹木のページ    八幡自然塾チョウのページ
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界
|八幡野鳥観察エリアマップ||野鳥関連用語集||八幡市の花・木・鳥・花木|






<< Event
Jump to new page イベント記録の使い方・見方


・・・ 問い合わせ ・・・
八幡自然塾  代表  日根 隆夫   (事務局担当) 金信 雄也 Tel 075-972-3140


 
 2014年度のイベントはすべて終了しました。 
 
 2014/12/16 (火) [BW] 明石公園 明石城跡に冬鳥を訪ねて 雨天中止
 2014/11/27 (木) [BW] 希望が丘文化公園 済み
 2014/10/15 (水) [BW] 金剛山へ 大阪府の最高峰に冬鳥を訪ねて 済み
 2014/09/03 (水) [BW] バスツアーで行く 伊吹山 済み
 2014/08/20 (水) [BW] ツバメのねぐら帰り 済み
 2014/07/18 (金) [BW] 恒例! アオバズクを観る 済み
 2014/06/17 (火) [BW] 太陽が丘 ~ 白山神社 ~ 宇治へ 済み
 2014/05/13 (火) [BW] 「武庫川渓谷へ」 武庫川上流のJR廃線跡を行く 済み
 2014/04/03 (木) [BW] 恒例! 枚方 ~ 牧野 (淀川左岸 の道) 済み
 2014/03/11 (火) [BW] (京都)嵯峨野から嵐山へ 済み
 2014/02/20 (木) [BW] 大泉緑地公園 ~ 鶴見緑地公園 へ 済み
 2014/01/23 (木) [BW] バスツアーで行く三方五湖 済み

補注 1】 BW : Bird-watching
補注 2
 予定 : 催行日時・内容などが未確定で予告なく変更の可能性があるもの
 募集中: 催行日時・内容などが確定しているもの
 済み : 催行済みのもの
補注 3
 配布用のチラシはモノクロ印刷の見栄えを良くするためにデザインを変えていますが、
 内容的にはこのページのものと同じです。




八幡市自然生態系調査協力イベント
八幡市自然生態系調査協力イベント ・・・ 2014年度終了
 
 2014/12/14 (日) [BW] 八幡市美濃山、内里地区
   9時 欽明台公園 (トイレ横) 集合 ~ 12時 解散 ・・・ cf. 調査記録

今年度済み






八幡市自然生態系調査協力イベント
主催者 金田氏 八幡市自然生態系調査 調査・編集委員(鳥類担当) 
引率者 西保氏 八幡市自然生態系調査 調査・編集委員(鳥類担当) 
引率者 小池氏 八幡市自然生態系調査 調査・編集委員(鳥類担当) 
オブザーバ 岡氏 公益社団法人 大阪自然環境保全協会 事務局長




八幡市自然生態系調査
 2014年 9月から、八幡市では 6種の部門に分かれ、2年間の予定で自然生態系調査を開始しています。 金田講師が鳥類の調査・編集委員として八幡市より任命を受け、講師の推薦により 「八幡自然塾」 として八幡市在住のメンバーの数名が現在観察員として市より委託を受け観察調査に入っています。



 観察記録の集計データ、観察記録の収集方法等は、この八幡自然塾ホームページが対応しています。

 ★ 「フィールドデーター」 ・・・ フィールドデーターの集計とまとめ
 ★ 「観察記録収集表」 ・・・ 専用のチェックリストでフィールドデーター送信


 八幡の 「探鳥地」、調査データーの読み方など、現場がどのようなものかを知っていただく、数年に一度の良い機会です。 ぜひ多くの皆さんに参加して頂きたいと思います。  現在、他のグループと合同調査の 12~3月までの観察予定が入っていますが、順次今後の予定も入ると思います。




補注 1】 BW : Bird-watching
補注 2
 予定 : 催行日時・内容などが未確定で予告なく変更の可能性があるもの
 募集中: 催行日時・内容などが確定しているもの
 済み : 催行済みのもの




















2014/12/16 (火)

2014/12/16 (火)  「BW」 明石公園 明石城跡に冬鳥を訪ねてへ 雨天中止 Event_2014 へ戻る


明石公園 明石城跡に冬鳥を訪ねてへ












2014/11/27 (木)

2014/11/27 (木)  「BW」 山と草原の希望が丘文化公園 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/12/02
 参加者総勢 24名

 8:00八幡市駅に集合、総勢 24名。 昨日の雨は止み 穏やかに晴れている。  絶好のバードウォッチング・デイ だ。  京阪電車で東福寺へ。  JRに乗り換えて野洲駅を目指す。 9:56 のバスで 10:15 には 希望ヶ丘公園に到着した。






バス停を降りて皆さん 早速双眼鏡で遠くを見ている!

Photo1
Photo1




遠くの木のてっぺんにモズがいる。
直ぐに飛んで行く。 
山の紅葉を見ながら 近くの池へ移動。

Photo2
Photo2




すぐ近くの木に シジュウガラジョウビタキ♂がいる。
すぐに飛び去る

Photo3
Photo3




池端にはカモたちがたくさん羽を休めている。
ガモが中心みたいだ。
あっ、何かに驚いてコガモが 一斉に飛んだ。

Photo4-5
Photo4
Photo5




 よく見ると奥にヨシガモもいる。

Photo6
Photo6





山の中へ・・・・・
誰かが紫式部の実だと教えてくれる。
初めて実を見た人もいた。

Photo7
Photo7





先頭を行く先生が 野鳥の混群をみつけて
シジュウガラメジロヤマガラの混群だと説明。
・・・ でも すぐに通り過ぎていく。 
 証拠写真は撮れず。




しばらく 歩いていくとセンダンの実を食べているシジュウガラ
ヤマガラ に出会う。
 今度はゆっくり鑑賞できた。

Photo8
Photo8


Photo9-10
Photo9
Photo10





さらに進む。
紅葉が見ごろで綺麗!!

Photo11
Photo11





左に近江富士も見える。

Photo12
Photo12






何人かの人が何かを食べている。

Photo13
Photo13




 近づいてみるとノイチゴでした

Photo14
Photo14




 そして 11:55休息所で昼食です。
自然の中で食べるお弁当は美味しい。
晴れて 気温も上がり清々しい食事でした。



12:35に出発し 12:47には細くて急な山道へ入る。

Photo15
Photo15




雨上がりで滑るため このコースは止めて元の道へ
すると近くの草叢から 2羽飛んだ。 
3人が目撃、なんだ、何だ!! 

双眼鏡で飛んだところを 見る。
見つけた!!

ミヤマホオジロ ・・・ 』
大きな声で皆さんに知らせる。



しかし 証拠写真を 撮っている時間なし!!  
残念。

見たのは私だけだったみたいでさらに残念!!!!

cf:2014年2月に撮ったミヤマホオジロです。
参考に見て下さい。

Photo16
Photo16






さらに山道を歩く。
道端で蜘蛛が獲物を捉えた。
瞬間を撮る。

Photo17
Photo17




 ウグイスの地鳴きが聞こえるが 姿は見えない。
木々の間を野鳥が飛ぶが特定できない。

  山の少し開けたところで木にジョウビタキ♂が止まっている。
ゆっくり鑑賞。

Photo18
Photo18





14:10 帰り道の途中、日本庭園で休息をとる。
今日は結構歩きました。
ここも紅葉が綺麗です

Photo19
Photo19






バス停の近くまできて ジョウビタキ♀が木の上に ・・・

Photo20-21
Photo20
Photo21






さらにカワラヒワも飛んできていました。

Photo22
Photo22






14:56 バスに乗って野洲駅経由で京都駅へ。
そして解散!
ご苦労様でした。


今日はこの時期にしては 暖かくよく晴れた日のバードウォッチングでした。
紅葉は真っ赤で良い目の保養の一日でした。



今日の野鳥
ミヤマホオジロジョウビタキヤマガラシジュウガラカワラヒワウグイス
メジロヒヨドリコガモヨシガモハシブトカラス








山と草原の希望が丘文化公園












2014/10/15 (水)

2014/10/15 (水)  「BW」 金剛山へ 大阪府の最高峰に冬鳥を訪ねて 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/10/17
 参加者総勢 35名

 8:00 樟葉駅に集合。 台風一過、秋晴れに恵まれて総勢 35名が集合しました。 樟葉 - 淀屋橋 - 難波を経由して南海電車で河内長野へ。 河内長野発 9:57 のバスで、一路金剛山ロープウェイ千早口を目指した。 11:00 発のロープーウェイに乗車。 6分で頂上駅に到着した。





photo1
photo1_kongozan
山道を登っていく
野鳥の声はするが、姿が見えない。
声を聞いていると混成の野鳥群みたいだ!!
cf. 混群について



シジュウカラエナガヤマガラメジロの声がしている。
コゲラの声も ・・・

大きな鳥が飛ぶ!
樹木が茂っていて特定できない。
なんだろう?



photo2
photo2_kongozan
12時には 金剛山 (1125m) 山頂に到着した。



photo3
photo3_kongozan
《フォト五七五》
『樹海あり 華麗に舞うは カケスなり』 by Manda



photo4
photo4_kongozan
景色を撮ろうとカメラを構えたとき 遠くに鳥がゆったりと飛んでいる!
あわててシャッターを切る、何とか撮れた!

再生画像を見るとカケスだ!
口に木の実咥えている。
ドングリか?!
ドングリにしてはちょっと大きい!
何かな!



photo5
photo5_kongozan
下界の写真を撮って、さあ 昼食だ!



photo6
photo6_kongozan
食事を終えて、一位の五重塔、転法輪寺・金剛不動明王を回る。



photo7
photo7_kongozan
近くにウバユリの実が ・・・



そして夫婦杉へ 写真には納まらない!



photo8
photo8_kongozan
夫婦杉の上でシジュウガラの声がする



photo9
photo9_kongozan
葛木神社をお参りしてさらに散策 ・・・



photo10
photo10_kongozan



photo11
photo11_kongozan
向こうにみえる山は 葛城山 (959m) です。
紅葉には少し早いかな!



photo12
photo12_kongozan
さらに進んで、 一の鳥居をくぐっていく。



photo13
photo13_kongozan
道端に マムシグサの実も!
cf. マムシグサ (2004年度イベント記録)



cf. 名前の由来
 球茎は平たい円形で地下にある。 偽茎は、葉柄下部の 2つの葉鞘部分が重なってできたもので、紫褐色のまだらな模様がある。

 この模様がマムシに似ていると考えられたところからこの名がつけられた。



球茎 きゅうけい
 地下茎の一つ。 でんぷんなどの養分を蓄え、球形に肥大したもの。 その頂端から新しい芽を出す。 グラジオラス・サトイモ・クワイなどにみられる。
by goo 辞書引用



偽茎 ぎけい
 地下茎から伸びた葉鞘が、地上で何重にもなっていてに見えるもの。

《例》
 ミョウガの食用部分、ネギの食用部分の根元側の同心円になっている部分などが該当する。 本物のは地下にあり短い場合が多い。

by Wikipedia 引用



葉鞘 ようしょう
 葉の基部が鞘 (さや) 状になり、を包む部分。 稲・カヤツリグサなどにみられる。

by コトバンクから 引用



星と自然のミュージアムに到着。
展望台からはカケスが飛び回っているのが見える。



photo14
photo14_kongozan
あそこの茂みにカケスが飛び込んだと聞いて カメラを向けた
どこにいるかわかりますか?!!



photo15
photo15_kongozan
答えは (photo.15) です。
2羽いました。



photo16
photo16_kongozan



photo17
photo17_kongozan
さらに正面の樹木の上を飛ぶ!
photo16 & photo17)
近くにホオジロ (♀)もいたとのこと。

そして山頂駅に向かう。
ロープーウェイからの山々 ・・・ またカケスが飛んでいる。



photo18
photo18_kongozan
さよならの挨拶かな ・・・ さよなら

14:06 にロープウェイ千早駅に到着して
道端の花を鑑賞しながらバス停へ



photo19
photo19_kongozan
イナカギク



photo20
photo20_kongozan
ヨシノアザミ



photo21
photo21_kongozan
アキチョウジ



14:33発のバスに乗り 河内長野経由で 16:12難波着 そして解散宣言。

今日のイベントはカケス ・・・ カケス ・・・ ? ・・・ の一日でした。
ゆっくり優雅に飛んでいたカケスが綺麗でした。



今日の見聞きした野鳥
カケスシジュウガラヤマガラエナガメジロコゲラホオジロ 以上












金剛山へ 大阪府の最高峰に冬鳥を訪ねて












2014/09/03 (水)

2014/09/03 (水)  「BW」 バスツアーで行く 伊吹山 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/09/05
 参加者総勢 38名

 総勢 38名が予定通り集合。 曇時々晴の天気予報。 そして、7:58 樟葉駅前からバスが動き始めた。 京滋バイパスを経由して行.く。 いざ出発だ。 下界の天気は晴れたり曇ったりでまあまあ。 伊吹山の上はどうかな!




Photo1
Photo1
10:35 に伊吹山の駐車場に到着
霧が結構キツイ!!



しかし 強風が吹いていて 時折下界がチラリと見える。
そこで頂上を目指すことにしました。
希望者34名で出発。


先頭と最後尾をスタッフがカバーして、ゆっくり団子状態でスタートした。
野鳥は期待できないため高山植物を撮ることに。



Photo2
Photo2
直ぐに最初の花、サラシナショウマを撮る。



Photo3
Photo3
さらに歩くとイブキトリカブト
風が強いし霧が濃くなるが一瞬下界が見える。



Photo3
『安全第一』
霧の中を一団となって登っていく。



マルバタケブキの花が終わりを迎えている。
シモツケソウも咲いている。



Photo5
Photo5
黄色い小さな花が集まったアキノキリンソウ。
また 霧の中にテンニンソウ群が見れる。



Photo6
Photo6
コイブキアザミも咲いている。



風が強くて寒いくらいだ!
みんな頑張って登っている。

黄色い小さな花が一輪二輪。
ダイコンソウのようだ。



Photo7
Photo7
薄紫の可愛い花が ・・・ ツリガネニンジンだ。



ピンク色のエゾフウロもひっそりと咲いている。
白いホタルブクロも一輪咲いている。



Photo8
Photo8
カワラナデシコもまだ咲いている。



11:17 頂上に到着。
目標のヤマトタケルノミコトの像が霧で見えない。
階段の下で全員集合して 昼食にする。
風が強い。


東回りのコースはさらに霧が濃いと思われるので
早々に元来た西コースを下ることに!



Photo9
Photo9
オオハナウド



Photo10
Photo10
定番のルリトラノオも咲いている。
山全体はアカソで覆われているように見える。



Photo11
Photo11
アケボノソウ



Photo12
Photo12
クサボタン



Photo13
Photo13
シオガマギク



Photo14
Photo14
駐車場近くに 白い蝶が強風と霧にも負けずしがみついている。
ガンバレ!



Photo15
Photo15
ピンクのミツバフウロも咲いている。


12:16 全員無事に駐車場まで戻った。
12:30 には伊吹山を出発し、醒井の地蔵川へ。

13:20 に到着して梅花藻を見学にいく。



Photo16
Photo16
地蔵川とサルスベリ



Photo17
Photo17

Photo18
Photo18
梅花藻は小さい小さい可愛い花でした。
地蔵川の清流は、「居醒 いさめ の清水」 という湧水に原点があります。



Photo19
Photo19
この居醒
いさめ の清水を源流とする 「地蔵川」 には、
梅の花に似た小さな可愛らしい五弁の花を咲かせる
キンポウゲ科の水中多年草 「梅花藻
ばいかも 」 が咲きます。

年間を通じて水温が16℃前後に保たれる清流に咲く貴重な 「湧水の妖精」 です。
地蔵川には絶滅危惧種であるトゲウオ科の淡水魚 「ハリヨ」 も泳いでいます。



Photo20
v
ハリヨ



Photo21
Photo21
地蔵尊です。



Photo22
Photo22
この川端にある桜の木に誰かが玉虫を見つけました。
子供のころはよく見かけましたが
ここ数十年見たことがなかったので撮ってみました。



地蔵川を14:25に出発して 帰路に。
16:00頃には、全員無事八幡市に帰ってきました。

今回は 野鳥には出会うことができませんでしたが、
高山植物や普段体験できない
霧と強風の中でのハイキングも良い思い出になったことでしょう。

楽しいバスツアーでした。
ありがとうございました。







バスツアーで行く 伊吹山












2014/08/20 (水)

2014/08/20 (水)  「BW」 ツバメのねぐら帰り 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/08/23
 参加者総勢 30名 (子供 10名含む)

 8月恒例の 「ツバメのねぐら帰り」 を見に行く。
 16:30 八幡市駅に集合した人たちは総勢 17名 (子供さん2名を含む)。 17時過ぎ 観月橋に着いて点呼すると、大人 20名と子供 10名 を確認。 途中で合流された方々を含めて総勢 30名になった。 いざツバメのねぐらへ!



先を行く 皆さんが電線に止まった鳥を見ている!
観るとツバメが 2羽止まっている。

ツバメと 1羽はコシアカツバメだ その違いを説明している人もいる。
コシアカツバメは腰の部分が赤く、胸からお腹にかけて 縦縞がある。
ツバメは胸からお腹まで白い。




Photo1 コシアカツバメ (3態)
Photo1 コシアカツバメ (3態-1) 2014/08/20 Photo by Manda
『胸からお腹にかけて 縦縞があるのがわかるかな!』

Photo1 コシアカツバメ (3態-2) 2014/08/20 Photo by Manda
『コシの部分が赤いのわかるかな!』

Photo1 コシアカツバメ (3態-3) 2014/08/20 Photo by Manda
田んぼの向こうをコシアカツバメが飛んでいる。
飛ぶと差がよく解かるね。 腰が赤いからコシアカ。
撮るのは 難しい!!
何とか証拠写真は撮れたかな。




Photo2 ツバメ
Photo2 ツバメ 2014/08/20 Photo by Manda
『こちらは ツバメ お腹が白い』




Photo3 カワラヒワ
Photo3 カワラヒワ 2014/08/20 Photo by Manda
カワラヒワも電線に止まっている』




Photo4 観月橋の風景
Photo4 観月橋の風景 2014/08/20 Photo by Manda
『後ろを振り向くと安土桃山城が見える』


田んぼの向こうにコサギカワラヒワもいる。


目的地に到着
軽く軽食を食べて、
夕焼けを見ながら ツバメを待とう!
子供たちを中心に皆さんつばめを待っている。




Photo5 ツバメが帰ってきた (1)
Photo5 ツバメが帰ってきた (1) 2014/08/20 Photo by Manda
『夕焼けの空に ツバメが帰ってきた』




Photo6 ツバメが帰ってきた (2)
Photo6 ツバメが帰ってきた (2) 2014/08/20 Photo by Manda
『飛ぶ姿を撮りたいが 暗い、速い』
・・・ やっと記録として何とか撮った。




Photo7 ツバメが帰ってきた (3)
Photo7 ツバメが帰ってきた (3) 2014/08/20 Photo by Manda
向こう側の空では ツバメで空がいっぱい。
・・・ でも例年に比べると非常に少ない。




ツバメは少なかったけれど
集団で飛ぶのが見れたし
参加した子供たちが 10名にもなり 楽しく遊び
楽しくバードウォッチングもできて良かったと思います。




今日 見れた鳥たち
ツバメコシアカツバメカワラヒワコサギハクセキレイスズメハシボソカラス
以上です。








ツバメのねぐら帰り












2014/0718 (金)

2014/07/18 (金)  「BW」 京都御所で ・・・ 恒例! アオバズクを観る 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/07/22
 参加者総勢 13名

 7月18日 15:00 に八幡駅集合、雨模様を気にしていましたが 晴たり曇ったりです。 でも たいへん暑い日です。 そのため 若干少ない総勢13名でスタート。 熱中症に気をつけて出発だ!!


16:00京都御苑に到着、バードウォッチングの準備をして 金田先生から
アオバズクのお話を聞く。
左右の耳の位置が違い、音の方向がわかる ・・・

そして恒例のバードバスへ
水飲み場にはメジロヤマガラ等がいる。
このヤマガラは色居合が良くない
若鳥だろうか


写真1
写真1 2014/07/18 Photo by Manda

写真2
写真2 2014/07/18 Photo by Manda




16:16 すぐ横の アオバズクの巣の方へ ・・・ 親子が木の上に!!!
先週下見に来た時は母親しか会っていないのに
子がもうこんなに大きくなってるなんて!! 凄い
感激で シャッターを切る、切る、切った!

幼鳥アオバズクは 親と比べると色合いが違うが、
大きさではもう親と変わらない


写真3
写真3 2014/07/18 Photo by Manda

写真4
写真4 2014/07/18 Photo by Manda

写真5
写真5 2014/07/18 Photo by Manda



みんな幼鳥を観ている。
カラスが騒いだ!
母鳥が子供の近くへ飛ぶ。
ツーショットも撮れた!!!


写真6
写真6 2014/07/18 Photo by Manda

写真7
写真7 2014/07/18 Photo by Manda

写真8
写真8 2014/07/18 Photo by Manda



先週は近衛池の横には、何もいなかったのですが、
近衛池の横にもアオバズクが親子でいると聞いて、そちらに移動する(16:45)

松の木の枝が邪魔で見にくいが
アオバズクの子が 3羽、横に母鳥が止まっている。
更に離れた横の木に アオバズクの父鳥が止まっている。


写真9
写真9 2014/07/18 Photo by Manda



角度を変えて (写真10、11) は父鳥
合計 5羽いてる。
素晴らしい!
またまた感激でシャッターを切る。


写真10
写真10 2014/07/18 Photo by Manda

写真11
写真11 2014/07/18 Photo by Manda




しばらくして 東山方面から雷音が聞こえてきた!
雷 ? とともにザーッと雨がきそう!!
少し急いで 宗像神社方面から駅を目指す。



17:35頃 宗像神社に着いて アオバズク 1羽を確認して駅に向かう。


写真12
写真12 2014/07/18 Photo by Manda




18:00頃に解散して、恒例のビヤホールへ

今日は アオバズク・デイに相応しいバードウォッチングでした。
親アオバズク 4羽、子アオバズク 4羽の合計 8羽のアオバズクが見れて
最高のアオバズク・バードウォッチング・デイ でした。

みんな満足でしたね!!








京都御所で ・・・ 恒例! アオバズクを観る












2014/06/17 (火)

2014/06/17 (火)  「BW」 太陽が丘~白山神社~宇治へ 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/06/20
 参加者総勢 28名

 6月17日 9:00 八幡駅に総勢28名が集合しました。 雨の確率 30% の曇空、9:08 の電車に乗って宇治には 9:42 到着し、バスで太陽が丘 10:10 到着。


準備をしていると、ホオジロが飛んできて近くのブシュへ飛び出して
小枝に止まったところを撮る。 幸先はいい!!

ホオジロ





太陽が丘の冒険の森を歩く。
遠くで ポッポッ、ポッポッポッ ・・・ の鳴き声 アオバズクだ!
でも、前を進む仲間のコースと反対側、鳴き声を惜しみながらコースに戻る。

更に進むと、高い木の上にエナガがいる、メジロの声も でも逆光だ!




道に蝶? 蛾? がいる。
誰かがホタルガだと答える。

ホタルガ

cf. マダアガ科ホタルガ
5-6月頃と9月頃あらわれる。
葉間にマユを作ってさなぎになる。
幼虫で越冬する。



真上の木の上に小鳥が ・・・
メジロ

何が葉の中で動いている!!
見えない!

結果はキジハトが飛び出した。





目の前の木の上に鳥が飛んできた!
撮って確認、メジロでした。

メジロ





これなに!
判りますか 蝶、そう蝶です。
凄い木に同化している。

羽根を広げる
表側の全体が見える。
ルリタテハという可愛い蝶だった。

ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ



cf. タテハチョウ科ルリタテハ
樹液や腐ったものに集まり 花にはこない
一度逃げても元の場所に戻る性質あり。
成虫で越冬する。





11:45 に太陽が丘ゲート近くの広場で昼食。
曇っていて 微風が心地よい。
昼いちばんも蝶!!!
ホシミスジだ!

ホシミスジ

cf. タテハチョウ科ホシミスジ
食草の葉を巻いて越冬用の巣を作り幼虫で越冬する




そして 太陽が丘を後にして
白山神社にお参りして、モミジ谷へ
全員で記念撮影

記念撮影




さらに、モミジ谷を下って宇治川湖畔へ
アオサギがいる。
カワウがいる。




あっ! カワセミがいる ・・・ 飛んでこちらに来る
暫し みんなで鑑賞する。

記念撮影
記念撮影
記念撮影






川の真ん中遠くに見慣れない灰色の鳥がいる。
何かと聞かれる!
セキレイの幼鳥だ!!

セキレイの幼鳥




ん、尻尾のない幼鳥もいる!!!!
尾羽がなくて大丈夫かな!

セキレイの幼鳥




石の上のセキレイの幼鳥を近くで撮れた!!
これはまともなセキレイの幼鳥です。

セキレイの幼鳥



宇治川の橋を渡って左岸を行く
またまた 蛾、でもこれは珍しい!!
白くて触手が面白い。 紋もある。
オオミズアオだ。

オオミズアオ



cf. ヤママユガ科オオミズアオ
カイコの仲間で葉間にマユを作ってさなぎになる
さなぎで越冬する





頭上をエナガが飛んでいる。 何羽かいる。
コゲラも目の前に飛んできた。 逆光だ。 暗い。


エナガ





アオサギが宇治川を飛ぶ。

アオサギ






14:40宇治駅に到着 解散宣言しました。


今日は蒸し暑い曇でした。
サンコウチョウやヤマセミには会えなかったが
いろんな野鳥には 会うことができ、楽しむことができました。

また 少し疲れ気味でしたが、水分補給を十分摂って 全員無事帰着しました。




(見聞きした野鳥)
ホオジロ、エナガ、メジロ、アオバズク(声のみ)、アオサギ、セキレイ、カワセミ
カワウ、コゲラ、キジバト、ツバメ、スズメ、ヒヨドリ、カラス






太陽が丘~白山神社~宇治へ












2014/05/13 (火)

2014/05/13 (火)  「BW」 武庫川渓谷へ 武庫川上流のJR廃線を行く 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/05/18
 参加者総勢 21名

 曇一時雨の予想から今日は一転快晴だ。 武庫川上流に向かう。
 10:45JR武田尾駅に到着。





 バードウォッチングの用意をしていると、近くの木に鳥が飛んできた。

ホオジロの♂だ。
その先の電線にはセグロセキレイが止まっている。
幸先のいい スタートでした。

ホオジロ
セグロセキレイ



山の中 新緑の中 武庫川沿いを歩く。
気持ちいい!! ウグイスが鳴く。
まさに「新緑に ウグイスの声 澄み渡る」

トンネルをいくつか抜けていく。
トンネルの中は 冷っとして気持ちいい。

しかし オオルリやヤブサメの声は聞こえるが姿なし。
鉄橋を渡ってさらに進む。




鉄橋を歩く



左手に岩の山肌が見ながら 歩く。
渓流が泡立って流れる。



歩く
渓流


12時を回ったので昼食にする。
新緑と川の音の中で食事は美味しい。




昼食





・・・ でも 鳥の姿なし。
仕方なくアオムシや毛虫類の写真を撮りながら進む。


虫




小枝のようで 小枝でない。
小枝が動いた。
 ムシだ!頭が上がった!!!

タニウツギにも毛虫がぶら下がっている。



虫





鳥の姿が見えず。
全員集合して写真を撮る。




集合写真




畑のある地域に出ると
ムクドリがアオムシを食べている。
シャッターを切る。



ムクドリ





右で何かが 飛んでガードレールに止まる。
イソヒヨドリ♀が何かを咥えている。
虫だ。



イソヒヨドリ





畑の方に飛んで 竹に止まる。こちらを見ている。

 可愛い!本日 唯一の野鳥かもしれない。
14時ごろには 生瀬駅に到着。
ゆっくり準備して帰路に向かう。


イソヒヨドリ






今日は 鳥は少なかったが
晴天で新緑のなか気持ちの良いバードウォッチングでした。
樟葉には16時前に帰着した。





武庫川渓谷へ 武庫川上流のJR廃線を行く












2014/04/03 (火)

2014/04/03 (木)  「BW」 恒例! 枚方 - 牧野 (淀川左岸 の道) 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/04/07
参加者総勢 25名
 今日は恒例の淀川左岸でバードウォッチングです。 9時に樟葉駅に集まる。 9:30 枚方の淀川左岸からスタートする。




目の前の野原にはツグミムクドリがいる。 ツバメが飛んでいる。
泥の水たまりに止まる。 えっ 顔の白いツバメだ!
誰かがイワツバメと教えてくれる。 泥を採って巣作りかな!

イワツバメ (3態)
イワツバメ (3態-1)
イワツバメ (3態-2) イワツバメ (3態-3)




ヒバリ
ヒバリ
 草原にヒバリ2羽、餌をさがしている。




さらに行くとモズが飛ぶ、上空をカワウが三羽飛び去る。
バードウォッチングの様子もカメラに収める。

モズ
モズ

カワウカワウ


何を観てるのかな ・・・
何を観てるのかな ・・・




ウグイスが木の上に出て鳴いている。
先生いわく、いつも藪の中にいて見れないウグイス
今の時期だけ姿と声が確認できると!

ウグイス(3態)
ウグイス (3態-1)
ウグイス (3態-2) ウグイス (3態-3)




天野川の河口にアオサギセグロセキレイ ・・・

アオサギ
アオサギ

セグロセキレイ
セグロセキレイ




イソシギもいる。 あっこちらへ飛んでくる。

イソシギ(2態)
イソシギ(2態-1) イソシギ(2態-2)




橋の向こう側の木にコムクドリがいる。
コムクドリに出会えるなんて ・・・ なんて幸運!
長い間同じ木を飛び回っていたので、みんな堪能できたことでしょう。

コムクドリ(5態)
コムクドリ (5態-1)
コムクドリ (5態-2)
コムクドリ (5態-3)
コムクドリ (5態-4)
コムクドリ (5態-5)




次へ進むと キジのペアが草叢から飛び出して飛ぶ。
綺麗な色だ! 一瞬で写真は撮れず、残念!


川の中州にカモが28羽 ・・・
双眼鏡でみるとヒドリガモの集団、
カワアイサ♂♀(左端)もいる。

カモの群れ
カモの群れ




すぐ横の木でウグイスが鳴いている。  空をイワツバメが飛ぶ。
しばらく行って またウグイスが木の上で鳴く ・・・



小さな川にコガモがつがいで泳いでいる。 ♀が飛び立つ!

コガモ (♀) の飛び立ち
コガモ (♀) の飛び立ち







オカヨシガモ ♀
オカヨシガモ ♀
 淀川にはオカヨシガモが泳いでいる。


ホオジロ ♂
ホオジロ ♂</
 斜面にはホオジロ、藪に飛び込む。


シジュウカラ ♂
シジュウカラ ♂


 しばらく行くとシジュウガラの鳴き声。

 ここで 昼前になり昼食場所へ。
 ベニマシコの♂♀が居たらしい、
 残念ながら確認できず。


アオジ
アオジ
 昼食を終えて歩いていると木々の間を
 アオジが飛ぶ。




しばらく行くとセグロカモメが 金色の魚?を突いている。
しばらく 食べる様子眺める。
またまた 近くでウグイスが鳴く 今日はウグイスデイだ!

セグロカモメ (2態)
セグロカモメ (2態-1) セグロカモメ (2態-2)


イカルチドリ
イカルチドリ
 しばらく歩いて、
 淀川の小さな中州にイカルチドリもいました。


エナガ
エナガ
 葦原に何かが飛んできた。 エナガだ。
 可愛いと何人かがつぶやく!!




15:00 に樟葉で解散宣言
今日はイワツバメコムクドリに出会えたのと、
ウグイスの美声とその姿を堪能した一日でした。

(萬田記)








恒例! 枚方 - 牧野 (淀川左岸 の道)>











2014/03/11 (火)

2014/03/11 (火)  「BW」 (京都)嵯峨野から嵐山へ  『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/03/13
参加者総勢 21名
 昨日は風も強くて真冬の寒さでしたが、今日は打って変って 晴れて 風も微風、絶好のバードウォッチング日和になりました。 8:30 新しい人や復帰をした人たちを含めて 総勢21名で八幡市駅を出発。


 広沢池
広沢池 10:30には 広沢池に到着、早速 アオサギカワウハクセキレイトビヒヨドリメジロの歓迎を受けました。 池を回っていくと カイツブリ そして間近にアオサギが・・・

 そして葦原の方に進むとオオジュリン(写)が飛び回っています。 葦原の隅にはクイナ! 一瞬で中へ消えました。 

 木の上を見ると ツグミが一羽止まっている。 またせせらぎのところには コサギダイサギが餌を探している。





 トビ アオサギ
トビ アオサギ
オオジュリン ツグミ
オオジュリン ツグミ
コサギ ダイサギ
コサギ ダイサギ


カワセミ
カワセミ  さらに田園風景が続く道を歩き 後宇多天皇稜へ。 稜の前の小さな池でカワセミが鳴く声が 姿は見えず。

 11時30分 少し早いが あぜ道で昼食をとる。 先ほど池でカワセミ発見とのことでカワセミの美しいブルーの姿を堪能する。

 さらに田園を歩く 小さな池に水鳥が ・・・ シリグロがいると。 昔の名前は 「シリグロ」、今は 「オカヨシガモ」 という。

【補注】
 シリグロは、昔の名前というよりも、お尻が黒いところから名付けられた愛称でしょうね。 (田邉)

 cf. オカヨシガモの名前の由来
 cf. ヨシガモの名前の由来


オカヨシガモ ♂ オカヨシガモの雌雄
オカヨシガモ ♂ オカヨシガモの雌雄

そして直指庵へ到着、あ~あ!  休憩所が休み残念!!

 ・・・ でもイカルの声が頭上から聞こえる。 シメもいる。 ・・・ でも樹木の中で見えない。 一部の人は確認できたようだ。 写真はもちろん撮れない。

 cf. 聞きなし


 みんながイカルに集中しているときに頭上を見知らぬ猛禽が飛ぶ。 みんな気が付かない!  写真があるから 後で調べよう ・・・



猛禽
猛禽


確かに猛禽だが ・・・ これってトビちゃうの?
(田邉)





 さらに 嵯峨野をさらに下って 小倉池へ カワセミはいなかったがマガモカルガモが大騒ぎしている。 そして 竹林を通って 亀山公園へ。 ブッシュからルリビタキの鳴き声が ・・・ 姿見えず.。



カルガモ マガモ
カルガモ マガモ


ムクドリ
ムクドリ

 田んぼにムクドリ、小さな川にはカワガラス! 走り寄ったが撮れなかった。

 隅からキセキレイが出てきた。 一路 二尊院へ迎い 休息をとって一息入れる。 暑い! 汗をかいたとあちこちで聞こえる。





 そして 保津川渓谷の見えるところで景色を満喫していると ・・・
川向うの下の方から3羽
ヒヨドリ??
いやキジバトト???
 目の前を通過、アオバトだ! !!
カメラが間に合わず こんちくしょう。



 保津川の遠くに オシドリの姿が確認できた。 カメラでは遠いなあ。 更に保津川湖畔を下って渡月橋へ オナガガモヒドリガモがいる。 セグロセキレイも ・・・
そして阪急嵐山駅を前に 解散。


 いい天気に恵まれて
いろんな鳥に巡り合えて
楽しいバードウォッチングの一日でした。

(萬田記)








(京都)嵯峨野から嵐山へ












2014/02/20 (木)

2014/02/20 (木)  「BW」 大泉緑地公園~鶴見緑地公園へ 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録]
 ① 投稿: 長村 (写真) 2014/02/21
 ② 投稿: 萬田 (写真&文) 2014/02/23
参加者総勢 24名
 今日は 極寒の中ですが 晴れて太陽は暖かい。
 24名が樟葉に集合。
 8:38の京阪で 一路 大泉公園へ 10:30に到着。




 キジバト (写真提供: 萬田)
キジバト  (写真提供: 萬田)入り口のところで 大きなお腹の鳥を発見 何だ!!??

キジバトだった。















 アメリカヒドリ (写真提供: 長村)
アメリカヒドリ (写真提供: 長村)先ず 大泉池の「中央休憩所」へ。

沢山のカモやオオバンに出迎えられた。

そこに アメリカヒドリが ・・・
しかも目の前。












 アメリカヒドリ(2態) (写真提供: 萬田)
アメリカヒドリ(2態 1)  (写真提供: 萬田)アメリカヒドリのアップ ・・・ かわいい!














アメリカヒドリ(2態 2)  (写真提供: 萬田)ヒドリガモ(下)と
アメリカヒドリ(上)の並走も















 オオバン(2態) (写真提供: 萬田)
オオバン(2態 1) (写真提供: 萬田)向こうからオオバンが2羽で近づいてくる。













オオバン(2態 2) (写真提供: 萬田)オオバン 何食べてるのかな!
















 カワセミ ♀ (写真提供: 萬田)
カワセミ ♀  (写真提供: 萬田)続いて 「水流」方面へ歩くと 大勢のカメラマンがカワセミを狙っている。

カワセミが何かを狙てる。














 ハシビロガモ (写真提供: 長村)
ハシビロガモ (写真提供: 長村) 更に池沿いに対岸へ回る。
カイツブリやヒドリガモ、ハシビロガモ、オオバンがいる。
















 バン(3態) (写真提供: 萬田)
バン(3態 1) (写真提供: 萬田)池の横の石の上で バンが大きな声で鳴いている。













バン(3態 2) (写真提供: 萬田) バンがこちらを見る。














バン(3態 3) (写真提供: 萬田)バンの水かきのない足がよく解かる。
















 コサギ (写真提供: 萬田)
コサギ (写真提供: 萬田)木に止まっていたコサギが飛ぶ。
















 カイツブリ (写真提供: 萬田)
カイツブリ (写真提供: 萬田)頭泉池方面へ移動 カイツブリいる。水かきが良く見える。

バンとの違いよく解かる。













 アオジ (写真提供: 萬田)
アオジ (写真提供: 萬田)かきつばた園で昼食、近くの草叢には アオジもいる。















 コゲラ (写真提供: 長村)
コゲラ (写真提供: 長村)帰り道 林の中で コゲラ、シロハラに出会う。
















 コゲラ (写真提供: 萬田)
コゲラ (写真提供: 萬田
















 シジュウガラ (写真提供: 萬田)
シジュウガラ (写真提供: 萬田)シジュウガラが近くに飛んでくる。シメは高い木の上に















 オナガガモ (写真提供: 萬田)
オナガガモ (写真提供: 萬田)その後 鶴見緑地公園へ移動
この池では 大泉公園にいなかった オナガガモ、キンクロハジロがいる。

ホシハジロもいる。勿論ヒドリガモも・・・













オナガガモの喧嘩 1 (写真提供: 萬田)オナガガモの喧嘩 2 (写真提供: 萬田)
(写真提供: 萬田)








 雑種? (写真提供: 長村)
雑種?  (写真提供: 長村)あっ 訳のわからないカモが一羽 雑種かな!!
















 雑種? (写真提供: 萬田)
雑種?  (写真提供: 萬田)今回もいろいろな野鳥と出会いました。

そして帰路についた。
















 スズメおじさん (写真提供: 長村)
スズメおじさん (写真提供: 長村)鶴見では小鳥には会えなかったけれど、最後に面白い光景 ・・・

スズメに手で餌をあげる人に会った。














 スズメおじさん (写真提供: 萬田)
スズメおじさん (写真提供: 萬田)今日も多くの野鳥に出会えて楽しかったです。














(萬田記)









大泉緑地公園~鶴見緑地公園へ








2014/01/23 (木)

2014/01/23 (木)  「BW」 バスツアーで行く三方五湖 『済み』 Event_2014 へ戻る

[記録] 投稿: 萬田 2014/01/25
参加者総勢 42名
 晴で風は微風、予定通り 8:00に樟葉駅を出発。 大山崎より 名神高速-湖西道路を経由して 10:00に新旭水鳥センターに到着。



早速 野鳥の歓迎を受ける。
目の前のブッシュにエナガの群れ
その下には アオジが飛び回る。
チッチッという 地鳴きが聞こえる。 ウグイスだ。
沖を観ると オオバンの群れ、ホシハジロもいる。
カンムリカイツブリも水面を泳ぐ。



エナガの群れ
エナガの群れ
 新旭水鳥センター 2014/01/23 Photo by Manda

cf. エナガ



アオジ 2態
エナガの群れエナガの群れ
 新旭水鳥センター 2014/01/23 Photo by Manda

cf. アオジ



カンムリカイツブリ
カンムリカイツブリ 
 新旭水鳥センター 2014/01/23 Photo by Manda

cf. カンムリカイツブリ



マガモの昼寝
マガモの昼寝
新旭水鳥センター 2014/01/23 Photo by Manda

cf. マガモ








正午には 小浜市にある若狭フィッシャーマンズ・ワーフで昼食をとる。
その後、小浜港でウォッチング。 



トビが飛び回っている。
ウミネコもたくさんいる。
カモメもいた。
カワウも対岸に。

誰かが白い鳥が飛んだと叫ぶ!
そちらに近づくとハクセキレイが、さらに探すとイソシギが飛ぶ。
少し先を オカヨシガモが泳いでいく。



ウミネコ 2態
ウミネコ 2態
ウミネコ 2態
 小浜港 2014/01/23 Photo by Manda

cf. ウミネコ



カモメ
カモメ
 小浜港 2014/01/23 Photo by Manda

cf. カモメ



イソシギ
イソシギ
小浜港 2014/01/23 Photo by Manda

cf. イソシギ








 14:00には縄文博物館の鳥見台に到着、水鳥少ない。
職員の方が コハクチョウが来ており 案内してくれることになった。
田圃方面に移動、コハクチョウが 約50羽遠くに見える。
ゆっくり近ずく 首を伸ばして警戒の様子。
さらに先の電柱の上にノスリが止まっている。
バスに戻って菅湖畔を目指す。



 
 コハクチョウの群れ 2態
コハクチョウの群れ 2態
コハクチョウの群れ 2態
縄文博物館の鳥見台 2014/01/23 Photo by Manda

cf. コハクチョウ



ノスリ
ノスリ
縄文博物館の鳥見台 2014/01/23 Photo by Manda

cf. ノスリ



メンバーのスナップ








菅湖畔に着いた途端、イソヒヨドリが歓迎してくれた。
綺麗な青い羽とオレンジ色のお腹を堪能させてくれた。



 
 イソヒヨドリ ♂ 3態
 イソヒヨドリ ♂ 3態
イソヒヨドリ ♂ 3態
イソヒヨドリ ♂ 3態
 菅湖畔 2014/01/23 Photo by Manda

cf. イソヒヨドリ





山の上に タカを発見。
トビかノスリか ???
近くの電柱にトビが止まる。
この姿を見ると山の上のタカと 同じだ。
そう トビだった。



トビ 2態
トビ 2態
トビ 2態
菅湖畔 2014/01/23 Photo by Manda

cf. トビ



  ふたたび 湖畔を移動、水鳥が遠くにいる。
カルガモキンクロハジロホシハジロ ・・・
高山さんがホオジロガモがいると教えてくれた。
一斉に全員探すが なかなか見つけられない。
・・・ でも 望遠鏡でみんな見れたことでしょう。



ホオジロガモ
 ホオジロガモ
菅湖畔 2014/01/23 Photo by Manda

cf. ホオジロガモ





雪景色と数多くの野鳥が見れて、今回も楽しいツワーでした。
八幡到着は18:45でした。
 (萬田記)








バスツアーで行く三方五湖













八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2017   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾