page_top
 cf. 好酉の鳥紀行 Travel writing for bird-watching by Kohyuh
 cf. 行程図 フランス編 (拡大版)


 八幡の鳥 フォトアルバム    

* 印以外はほとんど八幡市で観ることの出来る鳥たちです。
写真で見るより、フィールドで観る方が楽しい筈です。
フィールドデータを参考に
時期や場所を確認して、さあ、出かけましょう。





2010/07/24
アオバズク (青葉木菟)   八幡の鳥・日本の鳥 Top Page へ戻る
アオバズク 八幡市 男山 2006/07/04 Photo by Takayama
アオバズク
八幡市 男山
2006/07/04
Photo by Takayama

★写真は 成鳥 : クリックで拡大する

フクロウ目 Strigiformes
フクロウ科 Strigidae
学名Ninox scutulata
英名Brown Hawk Owl
全長 (L)  = 29 cm *8
夏鳥
雌雄同色

京都府RDB §2 
京都府 準絶滅危惧種
環境省 指定なし




2010/07/24
 巣立ちの遅れ!
 この前、祇園祭の本祭りの日 (7/17) アオバズクを京都御所へ見に行った。 例年なら、この頃には 幼鳥 も巣立ちして、その可愛い姿が見れる筈だった。 ところが今年は遅れているという。 cf. 写真A

 渡来したのは例年と変らなかったが営巣が遅れたといっていた。 どうも彼らの食糧源である蝉の発生が遅れたのか、数が少なくなったことが影響したのではないかという。

 食糧が少なければ、子供を育てられない。 彼らは、『もう少し様子を見てみようと考えた』 としても不思議でも何でもない。



発想は同じ
 どんぐりには "豊作の年と凶作の年" があるようだが、それは彼らの生き残り戦略である。

 cf. どんぐりの戦略: 被食散布



 そして、セミの発生も同じように豊凶を繰り返しているようだ。 その典型は、外国種であるが、13年蝉、17年蝉のような "周期蝉" と呼ばれるものがいる。 彼らは、13年、17年周期で大発生するが、それもこれも、どうやら彼らの生き残り戦略という。

 戦略的には "どんぐり" と同じ発想で、捕食者が食べきれないことを想定している。 大量発生が例年のことであれば、捕食者はその数を増やせばよい。

 また、それは可能であろう。 いっぺんには無理でも徐々に増やしていけばよい。 食糧には困らないからだ。


 それが、来年も再来年も凶作とわかれば、捕食者は、その数を増やせないのだ。 例え増やしても、飢え死にすることは目に見えている。




正確な予想
 このアオバズクを毎日のように観察している人たちがいて、彼らのいうことには、『巣立ちは 7/21-23 頃だろう』 ということだった。 それで、今日 (7/23) に見に来たのだが、実際には 7/18 の夜だったらしい。


 それにしても見事な予想である。 この程度のズレは、ズレではなかろう。 お陰さまで、巣立ちした 幼鳥 たちの可愛い姿を堪能できた次第である。




エンジェルポーズ angel pose
 それに、エンジェルポーズを見せてくれた。 私は、初めて聞く言葉だったが、鳥撮
とりとり の人たちにとってはシャッターチャンスの一つである。


 ほとんどの鳥は、ときどき、両翼を高く上げて、それを合わせるようにして "ストレッチ stretch" することがある。 それをエンジェル (天使) の翼に見立てたものだ。

 いわゆる、人でも、イヌでもネコでもする "伸び"の一つの形だ。 また、それと同時に尾羽を扇形に広げることもある。

 cf. アオバズク
 cf. インドツバメ
 cf. オニクロバンケンモドキ
 cf. セグロカモメ
 cf. ムギマキ










2006/07/11
 高山さんからアオバズクの写真をいただいた。

 《 巣の周りの見張り番 》
 『八幡市生まれのアオバズクがいるなんて感激です。 八幡市を選んでくれてありがとう』

 とのコメントが添えてあった。 今のところ、一羽しか確認できていないので、あくまで推測であるが、抱卵中と考えれば写真のアオバズクは雄だろうと言っていた。




 確かに、アオバズクは雌が抱卵するというから、近々、赤ちゃん誕生ということになれば、また、家族の写真も撮っていただけるであろう。 乞うご期待!

 ただ、このようにネットで情報公開すると、ギャラリーが増えることになる可能性がある。 そして、それはアオバズクの子育てにとって決して好ましいことではない、ということである。

 一方で、京都府では 準絶滅危惧種 であるアオバズクを観る良い機会であり、多くの人に観て貰い、皆さん、鳥好きになって欲しいという気持ちも大いにある。




これはマナー
 夜行性のアオバズクは目も耳も、ずば抜けて優れている。 言い換えれば、目も耳も、敏感であるが故に、ちょっとしたことにでも反応してしまう危険性がある。

 まずは、静かに、そして、特にカメラを使う方は、フラッシュ撮影モードになっていないか、今一度点検確認していただきたい。 瞳孔が大きい分、フラッシュは目がくらむ。

 眼底検査をしたことがある人はご存知であろう。 時間を置いて、片目づつ検査する意味を。 同時にされてはたまらないだろう。 アオバズクとて同じである。

 一度は男山から逃げ出したアオバズクである。 それが、数年前から再び訪れて子育てをするようになったと聞く。 今度は末永く、気に入って貰えるようにしたい。










2005/07/29

ミミズクとフクロウの違い
 アオバズクという限りは、ミミズクの一種だろうと、誰でもそう思う。 そして、ミミズクとフクロウの違いは、『耳が有るのがミミズクで、無いのがフクロウである』 というのが一般的である。


 もちろん、耳が無い鳥などいない。 「耳のように見える羽毛 (羽角という)」 が有るか無いかと言う話だ。


 この羽毛が、どれほど、聴覚に効果が有るか、私は知らない。 というか、それは コサギゴイサギ冠羽 というべきものでる。






パラボラアンテナ
 彼らの聴覚には、あの平べったい顔が、パラボラアンテナ のような役割を果たしていると、金田敦男氏(日本鳥類保護連盟)から説明があった。

 音を パラボラアンテナ のように耳に集める機能を顔が果たしているというのだ。 そして、青葉の頃にやって来るミミズクだから、アオバズクであると。



パラボラアンテナ parabolic antenna
 極超短波中継や衛星放送の受信用で、おわんのような形のアンテナの一種。

 ここで、"parabola" とは、抛物線
ほうぶつせん のこと。

 
by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997





例外もある
 一般的な 識別法 にも例外があって、アオバズクは、「耳の無いミミズク」 である。 反対に、耳の有るフクロウ (シマフクロウ) もいる *11 というから、曖昧なものだ。


 しかし、曖昧だから悪いと言うものではない。 当初の分類から、研究が進めば、例外は出てくるものである。 分類とはそういうものだろう。

 本で言えば索引のようなもので、索引の役割を果たしていれば、本論は、本の中身で詳述されるからだ。




 アオバズクは男山にもいたそうである。 それが数年来、来ていないというから、八幡市以外の鳥とした。 また、情報があり次第、変更は可能だし、あくまで鳥観 とりみ の参考程度と思っていただきたい。










 アオバズクの対趾足
アオバズクの対趾足
2004/07/13 Photo by Kohyuh
 京都御所 のアオバズクのいる木の周りには、写真愛好家たちの、立派なフィールドスコープや高級カメラが林立していたし、近所の人が散歩がてら、眺めている。

 ご近所の人は、それこそ、昨日は、どの枝にいたとか、どの木にいたとか、情報がこと細かい。 毎日のように、様子を見に来ているのであろう。

 愛好家たちも負けてはいない。 長居公園ではどうだったとか、服部緑地ではどうだったとか、私のような初めてというレベルの者が出る幕はない。

 従って、写真の技量や質は、私と比較する方が問題である。 家内が、愛好家の一人から写真をいただいたが、まさに、月とスッポン、ここで私のものを、人目に晒したくはないが仕方がない。






 この写真 (右上) で、雌雄が良く分かったなといわれるかも知れないが、実際のところ、さすがの私でも、これでは無理である。

 しかし、愛好家に教えて貰ったものであるから、間違ってはいないだろう。 私としては、アオバズクは、雌雄同色 としてよいと思うのだが、何故か、図鑑等には、こと細かく違いを述べ立てている。 雌雄ほぼ同色、としているものもある。






 私は、そこまでして、区別にこだわる必要があるのか疑問である。 そんな細かいことに、こだわらないで、私の写真を見て、雌雄判別が出来ないようなレベルであれば、雌雄同色 とすべきであろう、と思う。 ほぼ、も要らない。 要するに、雌雄同色か、それ以外か、の二つにジャンル分けしたら、どちらの部類に入るかというだけである。




 この時季アオバズクは、必ず、ペアでいる。 子育てのためだ。 ここに雛もいたが、残念ながら、木の室の中にいて ・・・ そのことが、微かな動きで分かるが ・・・ 姿は見せなかった。 愛好家たちの皆さんは、この雛が出てくるのを待っているという。






対趾足を見て!
 写真(右上) に、フクロウ類特有の足指 が写っている。 いわゆる 対趾足 たいしそく と呼ばれるものである。 さすがに力強そうな足指である。 掴まれたら、きっと痛いに違いない。


 一般の鳥では、足指が前に3本、後に1本、であるが、そこまで気にして見ていないと思う。 今度、ドバトが歩いているところを観察して見てほしい。 対趾足 は、いわゆる鷲づかみにするのに都合が良い形ということだ。






それなりの理由がある
 ハトやニワトリを見たら分かるが、この形は熊手のようで、従って、掴むというものではなく、足で、落ち葉などを、引っかき回すのに都合が良い。

 一方、スズメのような小鳥では、脚力が弱くて、それも出来ない。 ただ、小枝などに、バランスよく止まるには、都合が良いものと考える。


 電線の上にとまるのに、2本足指で止まるのと、3本足指でとまるのと、どちらが安定するか、考えたら分かるだろう。

 まあ、これも、物理音痴の人には、分かって貰えないかも知れないが、そこまでして、屁理屈を通す必要もない。


 我々がアオバズクを観る、昼間は、外敵の侵入やらの警護や昼寝の時間等で、静かに、じっとしている。 活動開始は夕方からで、蝉なんかも食べているということだ。










 学名の意味 *12
 Ninox アオバズクに対して与えられた新属で意味不明の新造語 但し、【ラ】 nox (夜)
 scutulata 市松模様の 【ラ】 scutula (市松模様)


 英名の意味
 brown 褐色の茶色のとび色の
 hawk 〔鳥〕 タカ
 bwl 〔鳥〕 フクロウ
【解説】
 ギリシャ神話で、アテネ (Athens) の守護女神であり知恵の神であるアテナ (Athena) の象徴がフクロウであったことから 「知恵」 「賢明」 のシンボルとされている
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997
















2007/03/01
アリスイ (蟻吸) Page Top へ戻る
《アリスイ》 写真はクリックで拡大する
アリスイ
奈良市 平城京旧跡
 2005/04/09
Photo by Kohyuh

 ★写真は成鳥 : クリックで拡大する

キツツキ目 Piciformes
キツツキ科 Picidae
学名Jynx torquilla
英名Wryneck
全長 (L) = 18 cm *8
冬鳥
雌雄同色

京都府RDB §2 
京都府 準絶滅危惧種
環境省 指定なし




2007/03/01
 高山さんからアリスイの写真Aをいただいた。

 《 眠いよ 〜 》
 『奇妙な鳥ですが かわいい表情も見せます』

 とのコメントが添えてあった。






 なるほど幼顔で、眠たそうに見える。 どんな生き物でも、このまどろみの時に見せる表情は幸せそうである。 実際に幸せでしょうね。

 情報を教えていただいて山田池に飛んでいった。 オシドリ のところが賑わっていたからアリスイのことを尋ねると、「そこの二つ目の橋のところに居る」 と教えてくれた。

 普通、珍しい野鳥が居れば必ずカメラの放列があるものであるが、このアリスイの場合それがなかった。 やはり写真の対象にはなりにくいのかも知れない。








2005/06/16
 カメラを持った人が集まっていた。 木陰に、何やら鳥らしきものがいるが、羽も色艶も、ぼろぼろである。 アリスイだという。 アリスイでも、病気のアリスイ、かと思った。

 それを、皆が、可哀そうに思って、心配して見ているものとばかり思っていたら、そうではなかった。 こんなものらしい。

 金田先生 (日本鳥類保護連盟) は、ヨタカに似ているかも知れないという。 私は、宮沢賢治の 「ヨタカの星」 を思い出した。 挿絵か何かの記憶もあって、姿も想像がつく。 醜い姿であるばかりに、悲しい運命をたどる話だったと思うが、詳しくは思い出せない。




 私は、アリスイを観るのも聞くのも、初めてであったから、ヨタカに似ると聞いて、なるほどと合点したものだ。 もちろん、姿が似ている、というのではなく、醜さが似ているということだろう。 目も科も違う。 ヨタカは、ヨタカ目ヨタカ科であるから。

 一方、アリスイはキツツキ目 キツツキ科 であるというが、私にはどうしてもキツツキには見えない。 理由が知りたいのであるが・・・、どなたかご存知の方、教えていただきたい。



【補追】 2007/03/31 by 日本野鳥の会 「野鳥」 No. 692 2005
 内藤東甫
ないとうとうほ の 「播州雑志」 の中で、アリスイがキツツキの仲間であると考えられていたというから驚きである。 江戸時代のことだ。

 このとき既に、キツツキの一つの特徴である 対趾足 のことが図解されているというから、ある程度核心に迫っていた。


 ただ、他の仲間と違って尾羽が弱くて木に垂直にとまれないという変わり者でもある。

 cf. キツツキの三点確保術






 アリスイは醜い、醜いと言葉を並べている自分に気づいて、悲しい。 それでも、人がこのように多くさん取り囲んで観ている中で、平然としている。 やおら、木陰から、陽がさんさんと照る春の芽生えの緑に満ちた畦道に降り立った。

 それも、五六メートルという目と鼻の先に、である。 嬉しいではないか、『自分は醜い。 それがどうした』 と開き直っているのでもない。 当たり前のことで、自然なことなのだ。




 余計なことではあるが、せっかくのチャンスに、この時、私のカメラが故障した。 真に残念である。 私はアリスイが好きになった今だから、一層悔しい。

 ただそのときは、アリスイが撮れなかったことよりも、これからカメラ無しで、歩かなければならないことを悔やんだものだったが。





人のことが言えるか!
 もちろん、醜いと思ったのは、私の感覚であるから、アリスイは、そうは思っていないだろう。 ヨタカの星の話も、ヨタカにとっては、迷惑なことだろう。 もう、アリさんが、キリギリスさんが、白鳥が、黒鳥が、といって、例えるのは止めにしたいものだ。

 たとえ話をしなくても、ありのままの自然を伝えることができれば、それで、十分だろう。 他にあるとすれば、それこそ、たとえ話になるに違いない。 そして、その自然を観るとき、そこでは、『人間が、全てに優れているものではない』 という世界がある、そのことに気付かせてくれる。





 ジンクスの語源
 学名でも、英名でも、「首をねじる」 というように表現されている。 捕まえられると、とぐろ巻いた蛇のように首をねじる独特な性質があるところから名付けられたという。

 姿といい、奇妙なしぐさから、不吉な鳥とされ、占いにも使われた。 そして、ジンクス jynx の語源も、このアリスイの学名に由来しているそうだ。


ジンクス jinx
 縁起の悪いもの[人];
 不運、不吉、ジンクス
 (比較: 日本では良いことにも使われるが、英語では本来縁起の悪いものだけに使われる)
 cf. put a jinx on … … に不幸をもたらす
 cf. break the jinx ジンクスを破る

【語源】
 ギリシャ語 jynx は、魔術に用いた鳥の名 (アリスイのこと)
に由来する。
by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998






キツツキ科の特徴
 舌が長いのは、キツツキ科の特徴であり、何もアリスイが特別でも何でもない。 樹皮の下に隠れている幼虫などを舌を挿し込んで捉えるのに都合が良いように出来ている。


 このように長い舌をチロチロさせるのも、さらに首がクネクネするのも、言ってみればキツツキ科の特徴であろう。 違うところがあるとすれば、アリスイの 羽衣 が飛び抜けて地味すぎるところであろうか。



 だからこそ、蛇に見立てられたのであろう。 何しろ人間は、何でも外見で判断してしまいがちであるから。 更に不運ことには、キリスト教徒にとって蛇は、アダムとイブをたぶらかした邪悪なものとして見なされているから始末が悪い。

 占いの道具にされて、吉凶いずれの結果になろうとも、受難が待ち受けていることに違いはない。 アリスイにとっては、理不尽で迷惑な話である。 ちなみに日本では、アリスイが悪くいわれる話は聞いたことが無い。







鳥類の頚骨
 どんな鳥でも、とぐろを巻くような動作はできる。 金田先生 (日本鳥類保護連盟) から聞いたが、哺乳類の頚骨が人間でもキリンでも、7個に対し、鳥類は13〜15個ということだ。

 首がしなやかなのは、こう言うわけである。 身体の何処でも、嘴
くちばし で届かないところはない。 180度首が回るのは、何も特殊なことではない。


 ちなみに、キリンの首が長いのは、脛骨の各パーツが人間より長いということになる。





 もし、アリスイが、人間から見て、見目麗しい鳥であったなら 『とぐろを巻いた蛇のように』 という表現はされなかったろう。 きょろきょろと首を回して 『可愛い!』 というだろうに ・・・


 実際、動物園でフクロウでも観たらいい。 どんなに、かわいいか。 フクロウは、360度首を回すことが出来るという。



 特に捕らえられれば、きょろきょろと、首を回しもするだろう。 極限の状態に追い込んでおいて 『動作がおかしい』、『気色悪い』 とはないだろう。 偉そうに言うが、人間とて、糞も尿も、垂れ流しにするだろう。








名前の由来
 和名のアリスイは、「蟻吸」 で、長い舌を出して "アリ類を好んで食べる" ことに由来しているという。 長い舌を急に出入させてアリを挿食する *31






渡り
 日本では、北海道と東北地方北部では 夏鳥 (繁殖している)、それ以南では、漂鳥冬鳥 である。
*8






 学名の意味 *12
 Jynx アリスイ 【ギ】 inyx
 torquilla 首をねじる(鳥) 【ラ】 torqueo(ねじる) + illa(縮小詞)


 英名の意味
 wry 〈目・鼻・首など〉ゆがんだ、ねじれた、横に曲がった
 neck
【解説】
 日本語の 「首」 は頭部全体をさすことがあるが、英語の neck は頭部 (head) と肩 (shoulders) をつないでいる部分をいう
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997
















2005/11/29
オオバン (大鷭) Page Top へ戻る
オオバン 橿原市 醍醐池 05/03/06 Photo by Kohyuh
オオバン
橿原市 醍醐池
05/03/06
Photo by Kohyuh

★写真は 成鳥 : クリックで拡大する]

ツル目 Gruiformes
クイナ科 Rallidae
学名Fulica atra
英名Common Coot
全長 (L) = 39 cm *2
漂鳥
雌雄同色



 京都府RDB §2 
 京都府 準絶滅危惧種
 環境省 指定なし




2005/11/29
 高山さんからオオバン(アルビノ)の写真をいただいた。 私は、ドバトでは、アルビノ を見たことがあるが、オオバンでは、初めてである。

 白馬とか白蛇とか、その他諸々の アルビノ は、古来から神の使いなどとして、崇められたり畏れられたりしてきたから、それ自体珍しいものではない。

 有史以来、記録にも残っているそうである。 ただ、アルビノ の出現率からいうと、大変珍しいものでしょうね。




 色の違いを除けば、普通のオオバンとまったく変わらないことが、この写真を見ても分かる。 ところが、私の、バンとオオバンの区別は、下欄のフィールドマークのところで説明しているように、些細なものである。 即ち、オオバンは嘴と額が白いが、バンのそれは赤い、というだけである。

 そして、アルビノ であれば、バンでもオオバンでも、嘴と額は白い筈である。

 とすれば、この写真は、オオバンではなく、バンアルビノ である可能性もあると、ちゃちゃを入れる人がいるかも知れない。

 ところが、それはない。 悪いが、それ程、私は素人ではない。 バンとオオバンは、好む環境が違うのである。 



 大体、バンの生態を知れば納得すると思うが、こんなだだっ広いところは好まない。 バンが棲む近くには、必ず身を隠す場所があるものだ。 岸辺の草薮などといった所である。

 それは、バンがオオバンほど、水鳥になりきれていないからであろう。 それに、警戒心も強い。 とにかく、もう一度、バン のところを見直していただくのが良い。 



アルビノ albino
 太陽光の紫外線から身を守るためであろう、人間を含めて、動物の細胞は、特に紫外線に晒される部分の細胞は、メラニン色素を持っている。 (皮膚や羽毛や眼など)

 アルビノとは、このメラニン色素が極端に少ないか、まったく持たなくして生まれた個体のこと。  「白化」 とも言う。 野生ではアルビノが生まれる確率は10万分に1以下ほどで、生き残れるのはもっと少なくなると言われている。

【補注】
 ただ、100%のアルビノではないが部分的に表れるものも多々見られるようだ。

 また、色素抜け (白変種) という言葉があり、このアルビノとは区別されている。





 cf. オオバン
 cf. ホオジロ
 cf. スズメ
 cf. ムクドリ
 cf. 推定カイツブリの根拠






2005/08/03
 本州中部以北・北海道で繁殖するというから、八幡市近郊では、漂鳥とした。 もちろん、日本というくくりで見れば、留鳥 ということになる。



 何故か、私は、オオバンを八幡市で見たことがない。 京都府で、準絶滅危惧種に指定されてはいるが、琵琶湖には、大群で渡来しているし、橿原はご近所さまだから、八幡にもいてもよさそうなものである。 思うに、八幡市には適当な大きさの湖沼池が少ないからではないか。





 「フランスの鳥」 で紹介したように、オオバン は、弁足 を手に入れ、水鳥に一歩近付いた。 バン より先を行くとは言え、ガン・カモ のようには行かない。 泳ぐ時には、まだ、ハトやニワトリのように頸も振る。 それでも、潜水ができるから偉いものである。



 大谷川のように小さな川では、バンのように器用に身を隠したりしながら、生きることもできない。 気持ちは ガン・カモ と同じで身を隠すのではなく、接近距離を大きく取るタイプだからだ。

 かといって、宇治川などのように、流れがあるような大きな川で生きるには、泳ぎが未熟だろう。 流れのない大きな湖や池を好む。



 この醍醐池は、八幡市で言えば、内里池ほどの大きさであろうか。 この内里池であれば、オオバンも来てくれそうだ。




内里池
 ところが「早春バードウオッチングに参加して」 のイベント記録でも紹介したが、今年の初め頃、その内里池へ鳥観
とりみ に行った。 昔の記録を見て、八幡市内のバードウォッチングのメッカの一つと知ったからだ。

 ところがところが、行って、目にしたものは、野鳥が近寄らないように、それこそ 1m程の升目の網を張るように、池の端から端まで、ワイヤーか何かを張り巡らしていた。

 もちろん、思惑通り、内里池には鳥は来ないといって良い。 漁業権を守るためかも知れないが、狭量なことをするものだと、情け無い気持ちになったものだった。 (06/02/02 現在)



 池の利用方法は、それぞれ思惑があるだろうが、独善であってはいけない。 私が知らない、オオバンもいたであろう、昔の内里池の姿を取り戻して欲しい。

 オオバンは、クイナ科 で最大という。
*2






オオバンフィールドマーク *2
 ・黒い体
 ・白い嘴と額




渡り *13
 オオバンは南北両大陸を除き、地球規模に広範囲に生息している。 日本では東北地方以南では留鳥または冬鳥と記されている。 しかし、日本で繁殖していることを考慮すると、関西ではむしろ漂鳥とする方がよいのではなかろうか。




食べもの
 オオバンは主に水生植物を好むが、また、他に小魚や昆虫、軟体動物なども食べる。




名前の由来 *31
 オオバンは江戸時代初期から "おほばん" の名で知られていた。 名前の由来については記載がないが、読んで字のごとく、バンより大きいところに由来するのではなかろうか。






 学名の意味 *12
 Fulica オオバン  【ラ】 fulica 【ギ】 phalaris
 atra 黒い、すす色の  【ラ】 ater の女性形



 英名の意味
 common 普通の、並の、ありふれた
 coot 〔鳥〕 オオバン 《ヨーロッパ産》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
















2006/03/17
オシドリ (鴛鴦) Page Top へ戻る
オシドリ 交野市 白旗池 2005/12/11 Photo by Takayama
オシドリ
交野市 白旗池
2005/12/11
Photo by Takayama
(写真提供: 高山)

 ★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名Aix galericulata
英名Mandarin Duck
全長 (L) = 45 cm *2
漂鳥





 輸出入規制 §6
 京都府RDB §2 
 京都府 絶滅危惧種
§2
 環境省 指定なし




2017/01/12
 林さんからオシドリの写真をいただいた。
 『山田池で、オシドリを撮りました。 雄の羽の構造、不思議ですよね。 どうなっているのかな ・・・ 運よく、飛び立つところを撮ることができました。 』
とのコメントが添えてあった。


 なるほどね。銀杏羽が三列風切の一番内側の一対であることが分かる。

 普通、風切羽は鳥が空を飛ぶのに重要な役割を果たす羽根であるが、このように再内側ということであれば、まぁ、飾り羽に使われても対して問題はなかろうと思う。

 cf. 風切羽のこと
 cf. オシドリ(♂)は飾りすぎ?
 cf. 鳥類は視覚優先
 cf. 鳥類は視覚に頼る








2006/03/17
 高山さんからオシドリの写真をいただいた。 水掻きにご注意とあった。 普通のカモ達の水掻きが、団扇
うちわ のような形をしているのに対して、足指の先がはっきりと分かれていることが見て取れる。


 この写真だけでは、断定できないところもあるが、オシドリの生活ぶりを考えると納得も出来るというものだ。

 普通のカモ達は水辺での活動が主体であるが、オシドリはドングリを好むから、夜な夜な林間部に立ち入るようだ。

 もちろん、木にも止まるし、子育ては、木の洞の中である。 大きな水掻きがあっては邪魔であろう。


 それなら、カワウが大きな団扇のような水掻きを持っているのに、結構、木にも上手く止まれるのはどうゆうことかと言われると、カワウに聞いてくれと言うしかないところが情けない。










2005/03/27
 高山さんからオシドリ(♀)の写真をいただいた。 一般的に、オシドリと言えばオスの姿を思い浮かべるのではなかろうか。 というより、雌雄とも同じ姿をしていると思っているのではなかろうか。 私がそうだった。


銀杏羽
 ご存知の、カヌーの舳先のように見える、特徴的な羽根を持っているのは雄である。

 そして、尾羽のように見えるが、そうではない。 翼を構成する羽根の一枚 (三列風切の最内羽) である。

 また、カヌー舳先のように見えるといったが、それは私の感覚であって、一般的には、銀杏
いちょう の形に見えるらしい。 だから、銀杏羽 とも言う。






 確かに、オシドリの雄を初めて観たとき、まさに、絵本から抜け出たような姿であったから、感動したものだった。 ところが、最近では、そうでもない。 飾りすぎとも、思うようになってきたのである。



オシドリ(♀)のデザイン
 私は、基本的にシンプルなものが好きである。 かといって、他者の真似事ではない、独創的なものを好む。

 その点で言えば、オシドリの雌は素晴らしいデザインではないか。 ナイキのロゴのような目元一つで、押しも押されぬブランド品を思わせる。 シンプル且つ、独創的だ。

 生き物の上下を言うのではない。 あくまで、好みの問題である。




 私の好みの話で言うと、カルガモマガモの雌は、シンプルではあるが、区別がつかないほど出回りすぎた既製服を思わせる。 だから、どうしても、オシドリの雌の方に軍配をあげてしまうのだが、これは致し方ない。










2005/03/27
 オシドリほど、日本人に馴染みの深い鳥は、いないかも知れない。 想像を絶する造形美だ。 神様から好きなように鳥を創造しても良いといわれても、誰が創り得たであろうか。 しかし、もし、創造できる人がいたとしたら、それは、東洋人であろう、と思いませんか。



オシドリ(♂)は東洋の美
 英名が、「中国風のカモ」 と言っているからではない。 この命名は、単に、生息地がユーラシア大陸の東部と日本、という局地的なところから着けられたものと云えよう。

 そうではなくて、発想が東洋的なものを感じるからだ。 簡単に言えば、機能を追求した故に到達する、例えば、飛行機とか自動車だとかの美しさ、いわゆる機能美と言われるものとは、一線を画しているからだ。


 機能的には不要なものかも知れないが、美学のためならというか、何事につけても、排除しない、という姿勢が窺えるからだ。 これこそ、東洋的な思想であると、私は思っている。

 もちろん、日本人に、馴染みの深い鳥は、他にも、ツルやウグイスやメジロもいる。 これらは、どちらかと言えば、機能美という範疇のものだろう。





オシドリ(♂)は飾りすぎ?
 もう一言付加えるならば、東洋的発想と言ったが、どちらかというと、日本的ではない。

 何か異質なものを感じる。 排除はしないが、過度であってはならない、侘び寂びの世界が日本人の感覚にはあると感じているからだ。 特に、関西人には、ある。

 私が初めて日光東照宮を訪れたときに、関西にはない、どこか異質なものを感じたものだった。 これ見よがしの飾りすぎと思ったのであるが、もちろん、これも好みの問題で、悪く言うつもりは毛頭ない。

 どちらかと言えば、オシドリは、その日光東照宮の感じと重なるところがあるのである。





 私が、ああだこうだと分類して、好きだ嫌いだ、言っているのではない。 好みもあろうが、それ以上に、それぞれが、健気に生きている、その姿、そのこと自体に優劣があろうはずが無い。 知れば知るほど、そう思うようになってくるのである。




 それにしても、英名は、結果的に見事な命名だと思う。
 英国にも野生のオシドリがいるという。 これは、大英帝国の時代に中国から持って来て放したものだ。 だから、ヨーロッパでは外来種ということになり、オシドリのような生態の鳥がいなかったので、そこに適応できたという。
*11 そういえば、シュノンソー城 (フランス) にもいた。






 
渡り
 オシドリは、主にユーラシア大陸の東部で繁殖し、冬は、中国や朝鮮半島に渡って越冬する。 日本でも、本州中部地方以北で繁殖しており、冬に、西日本で越冬するものが多い。
*8

 このことから、オシドリは、八幡市では 冬鳥 になる。 また、日本では、留鳥 という意味を込めれば、漂鳥 がよい。




食べもの 
by Wikipedia
 オシドリの食性は植物食傾向の強い雑食である。 主に水生植物、果実種子昆虫、陸生の貝類などを食べる。




名前の由来
 オシドリは奈良時代から "をし" または "をしどり" の名で知られていた。 平安時代になっても両方が見られたが "をし" の方がはるかに多かったという。 しかし、江戸時代になって "をしどり" の方が多くなったようだ。

 "をし" の名前の由来は大言海では、「雌雄相愛
し」 によるとしているそうである。






 学名の意味 *12
 Aix 【ギ】: 水鳥一種、 aix は元来メスヤギの意
 galericulata 小さな帽子をかぶった


 英名の意味
 mandarin 〈衣服の襟が〉中国風の 《幅の狭いスタンドカラーにいう》
 duck カモ、アヒル
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



追記
 NHKで放送されたテレビ、「地球! 不思議大自然 オシドリ夫婦の田園ライフ」 が参考になりました。 DVDに録画していますので、貸し出し可能です。 お気軽に、好酉まで。
















2005/03/31
オナガガモ (尾長鴨) Page Top へ戻る
オナガガモ ♂ 京都市 鴨川 2003/03/19 Photo by Kohyuh
オナガガモ(♂)
京都市 鴨川
2003/03/19
Photo by Kohyuh

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名 Anas acuta
英名Pintail
全長 (L) = ♂75 cm ♀53 cm *2
冬鳥
狩猟鳥 §6




2005/03/31
 オナガガモは、八幡市でも、三川合流部へ行けば観ることが出来る筈であるが、私は未だ見たことが無い。 ところが、鴨川では、これが、当たり前のようにいる。 遊歩道のすぐ傍で寝ていたりするものだから、写真は撮り易い。


 しかし、機嫌の悪い顔をされるのは仕方が無い。 盗み撮りをされては、嬉しくないのは誰しも同じだ。



 オナガガモは、人を怖がらないが、かといって、マガモなどのように、人間の撒く餌に群がり、奪い合いをするような醜い真似はしない。

 私がそういう場面を見ていないだけかも知れないが、そのように信じたい。 私が望む理想の野生とは、そういうものだ。






 オナガガモの雄と雌の大きさが、数字的に、かなり異なるようであるが、見た目は、大した違いは無い。 全長とは、嘴
くちばし の先から尾羽の先までをいうからで、雄の尾羽の長さがものを言ったのであろう。 それ程に特徴的な雄の尾羽である。


 英名は、その特徴をよく現していて、中々の命名である。 ところが和名は、不十分といわざるを得ない。

 なぜ直訳して、ハリオガモ、と命名しなかったのだろう。 きっと変なプライドがあって、直訳では、気が引けたのであろう。







 渡り
 オナガガモは、ユーラシア大陸とアメリカ大陸の中緯度から高緯度地域にかけて、広い地域で繁殖し、冬は、主に両大陸南部に渡って越冬する。 一部は日本の本州から九州に渡ってきて越冬する。
*8




 学名の意味 *12
 Anas カモ 【ラ】
 acuta 鋭い(尾の) 【ラ】 actus (鋭い尖った) の女性形


 英名の意味
 Pintail 針のように細長い尾羽を持つカモ
pin:  ピン, 留め針
tail:  (動物の) 尾、しっぽ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
















2006/11/27
カンムリカイツブリ (冠鳰) Page Top へ戻る
カンムリカイツブリ草津市 琵琶湖 2006/09/20 Photo by Takayama
カンムリカイツブリ
草津市 琵琶湖
2006/09/20
Photo by Takayama
(写真提供: 高山)

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カイツブリ目 Podicipediformes
カイツブリ科 Podicipedidae
学名Podiceps cristatus
英名Great Crested Grebe
全長 (L)  = 56 cm
*2
冬鳥
雌雄同色







2006/11/27
 高山さんからカンムリカイツブリの写真@ (2006/09/20 撮影) をいただいた。 夏羽 (生殖羽・繁殖羽) の写真である。




 このとき私も一緒に観たが、警戒心が強い筈なのに目の前をウロチョロしていたし、それに 夏羽 であるから、これは一体どのように考えたらいいのだろう。

 時期的に 9/20 と言えば、冬鳥 として大陸の方から渡ってきた頃であろう。 ならばこの時期において、生殖羽換羽 するのは早すぎる気もするが、用語解説にもあるとおり、早熟な個体もいるということである。





 カンムリカイツブリが目の前にいるという状況は普通では考えられないことである。 警戒心が強いのは 潜水型 の鳥たちに共通したものであるからだ。

 理由は潜水に有利なように身体の浮力を少なくして、沈み込みを大きくしているから急には飛び立てない。 ジェット機のように滑走路が必要である。

 その滑走路を翼をバタつかせ、足で水を蹴るようにして走り加速する。 そして、翼に離水できる十分な浮力が付く速度になるまで滑走しなければならない。 距離にして数10メートルは必要であろう。




 丁度、我々が観た場所はハスが生い茂るところで、浜辺とハスの群生に囲まれていた。 だから、十分な長さの滑走路が得られなかったに違いない。 不十分な滑走路では、ハスか浜辺に激突するだけである。


 そんなムチャをするほどカンムリカイツブリはアホではない。 もちろん、本来その様な滑走路がない場所には寄り付く筈がないし、実際にその広さのあるところにいたのである。


 ところが残念ながら、そこは袋小路状になっていて、われわれが近づくにつれ、その方向に徐々に追い込まれるかたちとなった。 そして、気がつくと滑走路の限界を切ってしまっていたようである。 最早飛んで逃げることは出来ないと覚悟を決めたに違いない。

 それでも偉いところは、その様な素振りは一切見せなかったことである。 閉所恐怖症の私ならパニックになったりするところであるが、パニックになって得することは何もないだろう。





チュンの勇気
 鳥類は意外に冷静で勇気もある。 私のチュン を観ていて良く分かった。 パニックになったことは一度もない。 嫌がるチュンを捉まえようとして部屋の片隅まで追い詰めたことがある。

 チュンは、後ずさりして、背中が壁に触れ、もう後がないというところまで来ても諦めることは無かった。 突破口を必死に、且つ冷静に探していたのであろう、突如、私の手の隙間に突進してきて、するりと逃げた。


 それが哺乳類は意外に精神的に弱い気がする。 より人間的であるのかも知れない。 野生のパンダの赤ちゃん、といっても親離れしたものであったが、識別調査のためであろう、生態調査班に追い詰められるシーンをテレビで見たことがる。

 チュンと同じように追い詰められて、ついに抜き差しならぬところまできたとき、両手で眼を覆って、「もう怖いものは見えないよ」 と観念したのである。 じつに可愛らしい仕草であった。

 もちろん牙とか鋭い爪とかを持つものが、黙って捕まるようなことはないに違いない。 最後の最後まで抵抗を試みるのが野生であろう。 しかし、それはあくまで武力による抵抗である。

 知恵を絞って窮地から逃げ出す手立てに徹するのは、大した武器を持たない小鳥や小動物の持つ知恵であり、敵と戦うものではないが、それにも勝る勇気を持っている。










2005/12/03
 高山さんからカンムリカイツブリの写真A (
2006/12/01 撮影) をいただいた。 カンムリカイツブリは、例え姿を見かけても写真に撮るのは非常に難しい。 何しろ、警戒心が強くて、とても近づけない所にいるものだから、普通は、撮れても豆粒である。

 また、カンムリカイツブリは、琵琶湖では繁殖していると聞くが、京都では 冬鳥 でしょう。 残念ながら八幡市では、私は未だ観ていない。 思うに、三川合流部辺りでは川幅が狭いからであろう、その上下域の淀川や桂川では見ることが出来るからだ。


 写真のカンムリカイツブリは、これから、繁殖羽 (夏羽) に衣替えをして、どんどん綺麗になっていく。

 冠も大きく、ますます立派になり、耳羽 であろうか、その辺りが大きく、美しい飾り羽に成長する。

 そして、雌雄同色 であるのに、どちらも綺麗になっていく。 ユリカモメもそうであるが、どうしてだろう。

 お互いに着飾って、恋の季節を謳歌するためか。 雌雄の数のバランスも取れ、お相手探しにあぶれることがない世界って、思えば羨ましい限りである。











2005/08/05
 牧野パークゴルフ場から枚方市駅にかけての淀川左岸の道も、バードウォッチング のメッカの一つと言ってよい。 色々なグループが鳥観
とりみ に来ている。 もちろん、散歩やジョギングを楽しむ人たちも、たくさん来ている。

 道幅も広く、車も来ない。 ただし、河川敷の工事等が入れば、ダンプカーが走り回るかも知れない。 そもそも、そのための道路かも知れない。




 私の感じでは、枚方市の皆さんは、自然愛好家が多いように思われる。 タヒバリらしき鳥を見つけたので、自転車に乗った、通りすがりの人に聞くと、それこそ自転車に乗って走り回り、いろんな角度から観察してくれて、間違いなくタヒバリだ、と言ってくれた。

 聞くと、その人は、植物が専門ということだった。 それにしても、さすがに、科学的アプローチが身についた人である。 この辺りで、800種類ほどあるという。 何万種だろうと思っていたので、以外に少ない気がしたものだった。




 途中、大きなフィールドスコープを構えているグループがいたが、オタク族の邪魔をしてはいけないと近づかなかった。


 何かの本で見たが、「大きなレンズを持った人が最前列で、小さなレンズ持った人が、その後から観るのがバードウォッチングだ」 とかいう、諺レベルの成句があるそうだ。 まさに、そのような印象を持っていたからである。


 帰る時になっても、まだ、同じところにいたので、勇気を出して、訪れた。 意外に、快く受け入れてくれて、聞いてみると親切にも、カンムリカイツブリがいるよ、と教えてくれた。

 双眼鏡で観ると確かにカンムリカイツブリだ。 冠羽 も、潜水型 の格好も、はっきり見えるが、私のカメラの映像では、こんなものだ。 グループの皆さんのものも見せてもらったが、雲泥の差であることは、言うまでも無い。






 写りは悪いが、初めて見る鳥の証拠写真としては十分で、モヒカン頭が、中々いけてる。 それに、双眼鏡では良く見えたから、よしとしよう。 また、琵琶湖でも観たし、このコースでも、前に見たことがあるし、逢えるチャンスは、結構ありそうだ。

 カンムリカイツブリは、カイツブリ の仲間では最大という。

 学名の尻足とは、カイツブリを一度、間近に見れば納得がいくが、観るのは中々難しいかも知れない。 カイツブリは、大谷川より、交野の天野川の方がチャンスが多いだろうと思う。 特に、逢合橋上流がよい。

 学名にも、英名にも、和名にもあるように、他に命名のしようがいないほど、冠羽 が特徴的である。






 学名の意味 *12
 Podiceps 尻足の、足がうしろにある
 cristatus 冠毛を持つ(鳥)


 英名の意味
 great 大きい
 crested 冠毛 [とさか、棟(むね)飾り] のある
 grebe 〔鳥〕 カイツブリ
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
















2011/04/24
キンクロハジロ (金黒羽白) Page Top へ戻る
《キンクロハジロ》 写真はクリックで拡大する
キンクロハジロ
交野市 白旗池
2003/12/17
Photo by Kohyuh

 ★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名Aythya fuligula
英名Tufted Duck
全長 (L) = 40 cm
*2
冬鳥
狩猟鳥 §6








2011/04/24
 先日 (2011/04/21) 淀川駅近くの干潟に大潮を狙ってシギチを見に行ったのだが潮干狩りの人の姿がなかった。 これは鳥観
とりみ するものにとってはいいことである。




貝毒発生
 いつもは干潟に立ち入ってかき回すものだからその近辺にはシギチも近寄らない。 彼らとは利害関係が対立するが、よそ者はこちらだから文句は言えない。

 ところがその日は誰もいなかった。 見ると 「貝毒注意!」 の立て看板が立ててあった。 煮ても焼いても毒は分解されないというから誰も手を出せないようだ。



貝毒発生の注意呼びかけ
貝毒発生の注意呼びかけ








珍鳥発見
 潮干狩りの人がいなかったのはいいがシギチも少なかった。 また、バーダーも少なかったのは状況をよく知ってのことに違いない。

 それは残念でした。 実は珍しい ・・・ と私は思うのだが ・・・ スズガモのメスのように、嘴基部に白斑があるキンクロ (写真F ) がいたのだ。

 スズガモにしては背部が白くないと悩んでいたのだが ・・・ キンクロにも同じようなものがいると ・・・ ちゃんと図鑑 *20 に載っていた。 となれば、来シーズンはもう少し注意して見よう〜っと。








2005/03/23
 私がバードウォッチングのイベントに初参加したのが、2003/02/11 のことであった。 この後、オシドリ がいると聞いて、すぐ白旗池へ行ったときのことだった。 どうにも気にかかる話し声が聞こえたのである。




 「キンクロ」 という鳥がいるらしい。 それが、もう北の国へ旅立ったという。 来シーズンまで待たなければならないようだ。


 ただ、渡り鳥といっても一気に渡っていく訳ではない。 あちこち休み休みいくので、大阪城公園へ行けば、まだ、いるかも知れないという。

 それを聞いて、慌てて行ってみたのだが、やっぱりいなかった。 まだ、3月中旬だった。




 だいたい、キンクロという語感がいい。 キンクロハジロが正式名称であるが、通 つう ともなれば、これを 「キンクロ」 と言うらしい。 私も、キンクロと言ってみたいし、早く観たいしで、ながい長いシーズン待ちであった。


 オシドリ のように極彩色姿でもなく、また、カルガモ のように普段着姿でもない、どちらかというと珍しい姿で、初めてでもキンクロと分かる。 金色の目と刈り残したような頭の毛が可愛らしい。 水に潜ったりしていた。







 マガモ などと違って野性味があるのか、余り近寄っては来なかった。 それでも、後日、大阪城公園で観た時は、餌に釣られて ユリカモメ マガモ たちに混じって、みっともない餌の争奪戦をしていた。 一年近く待ったのに、少し残念な気がしたものである。




 今シーズンの初め、「白旗池・いきものふれあいセンター」 の管理人さんが言っていたが、キンクロがラッコのようにお腹を上にして、毛づくろいをするという。 本当かな ・・・ と半信半疑であったが、私も観た。 証拠写真もあるが、皆さんのお楽しみということで、白旗池に通って観て下さい。


 写真Bのキンクロは、わき腹に未だ黒味が残っている。 これが、写真@のように、日が経つにつれ白くなり、白黒がハッキリした 生殖羽夏羽) になっていく。


 キンクロは潜水も上手い。 尾羽が水面に接していて、潜水型 の特徴を示しているが、カワアイサ のように魚が獲れる嘴ではない。 主に、貝類やカニやエビ、それに水生昆虫や水草も食べる。 *8






 
渡り
 キンクロハジロは、ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、冬は、主に、大陸南部やアフリカ北東部に渡るが、一部、日本にも渡ってきて本州、四国、九州で越冬する。
*8






 学名の意味 *12
 Aythya Ayres 氏の (人名)
 fuligula 煤色の


 英名の意味
 tufted T 房(ふさ)をつけた[で飾った]
U 房状をなしている; 群がり生えている
  これは、冠羽 のことだろう。
 duck カモ、アヒル
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998
















2005/01/27
クロヅル (黒鶴) Page Top へ戻る
クロヅル 鹿児島県 出水市 荒崎 鶴展望所前 2005/01/22 Photo by Kohyuh
クロヅル
鹿児島県 出水市
荒崎 鶴展望所前
2005/01/22
Photo by Kohyuh

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

ツル目 Gruiformes
ツル科 Gruidae
学名Grus grus
英名Common Crane
全長 (L) = 114 cm *8
冬鳥

雌雄同色
環境省 情報不足 (DD) §6








2005/01/27
 ここ鹿児島県出水市に、クロヅルが2羽来ているという。 どこどこ? と聞く我々に、口をすっぱくして、指差しして説明してくれるが、我々の視線は空を切るばかり。

 たまりかねたか、親切にも、私の借りてきたフィールドスコープの照準を合わせてくれた。 また、体の色がナベヅルより白っぽいとか、頸が黒いだろうとか、色々と教えてくれるのだが、さっぱり分からない。



パターン認識音痴力
 パターン認識能力の無さについては、我ながら情け無い。 何しろ、ナベヅル マナヅル の区別ぐらいは出来ていると思っていたのに、若鳥も混じっていて、見かけは単純に 2種類だけではない。

 それに、一万羽以上の中の 2羽だから無理もない。 それでも、2時間ほど観ていると、不思議なもので眼が慣れてくる。 家内などは、観光客を捉まえて、もう、講釈までし出した。


 いやいやパターン認識音痴も私のようなレベルともなれば ・・・ これは 「力 ちから 」 というべきものらしい。






 バレーの 「白鳥の湖」 か何かで、プリマドンナが白い耳飾りを着けて踊っているのは、このクロヅルをヒントにしたものであろう。 英語名が 「普通のツル」 というから、よく見かけたはずだ。




ナベヅルの恋
 ツルの夫婦は生涯連れ添うことで有名だが、ここ出水市には、ナベヅルの雌とクロズルの雄との間に生まれた、ナベクロヅルというのがいるそうだ。

 鶴展望所の説明員の人が、しばらく探してくれたが見つけることが出来なかった。 ナベヅルの雌が、背の高いクロヅルに恋をしたのだという。

 夫と死別した後のことだから、このことは決して ナベヅル の品格を汚すものではないと、説明員の人がやけに強調していた。








 渡り
 クロヅルは、ユーラシア大陸の温帯から亜寒帯にかけて広く繁殖し、冬に、その一部が、朝鮮半島を経由して、主に鹿児島県に渡来する。
*8




 学名の意味 *12
 Grus ツル属
 grus ツル属


 英名の意味
 Common 普通の
 crane 〔鳥〕 ツル
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998

















2005/08/01
コアジサシ (小鯵刺) Page Top へ戻る
コアジサシ 大阪市 舞洲の公園 2003/07/22 Photo by Kohyuh
コアジサシ
大阪市 舞洲の公園
2003/07/22
Photo by Kohyuh

 ★写真は 成鳥: クリックで拡大する

チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
学名Sterna albifrons
英名Little Tern
全長 (L) = 24 cm *8
夏鳥
雌雄同色

京都府 : 絶滅危惧種 §2
環境省 : 絶滅危惧U類(VU)






2005/08/01
 写真@ は、見事なコアジサシの ホバリング 姿勢である。 既に、嘴は獲物に照準が合っている。 あとは、魚の動きを読み飛び込むだけであったが、それでも、このときは失敗した。 飛び込まなかった。 いち早く、魚がコアジサシに気付いて逃げたのかも知れない。

 舞洲
まいしま にある公園の近くの海上で、数十羽の群れが、舞っていた。 それでも、魚を獲ったところは確認できていないから、成功率は余りよくはない。 漁がヘタ、と言うものでもないだろうに。







名前の由来
 コアジサシの名前の由来は、「小さいアジサシ」 ということであろう。



アジサシの名前の由来
 「鰺刺」 の字が当てられているとおり、アジサシ類の漁をする姿が、ヤスモリ で鰺(魚)を突き刺すように見えるからだという。
*11

 何しろ、頭から突っ込むから、漁師が、まさにヤスやモリを投げたように見えたのだろう。

 写真で見たが、尖った嘴
くちばしが魚を貫通していて、それこそ突き刺して捉えていたのである。



ヤス
漁具の一種。
長い柄の先端に数本に分れた、とがった鉄製の物を取り付け、水中の魚介を刺して捕える具。


もり
魚類・鯨などを刺し捕えるヤスより大型の漁具。




 私には、特にそのような大げさな風には見えなかったが、この命名にはもちろん異論は無い。 中々いい命名だとも思う。 何の味気も無い、学名や英名よりなんぼかましだ。


 小鯵を獲るから、コアジサシではない。 小型のアジサシという意味で、逆に、オオアジサシという仲間もいる。

 さらに補足すれば、鰺ばかり獲って食べているというものでもなかろう。 鰺のような小魚を捕食する。

 普通、鰺は、特に小鯵は、海面に近いところにいることが多い。 このことを魚釣り用語では、「棚が浅い」 ともいう。

 これら、棚が浅いところに棲む魚類を代表して、鰺と言っているだけだ。




 他のアジサシ類と違って、コアジサシは、海上より、むしろ川や湖沼で漁をするという。 だから、「鮎鷹」 というところもあるらしい。 *11

 
それが、釣り人口が増え、アジサシの産卵場所である砂浜や川原が荒らされ、そうでなくても、人通りが多くては、産卵・子育てができないのであろう、急速にその数を減らしているそうだ。


 海岸近くの埋立地を、倉庫や駐車場や道路にして、コンクリートで固められると巣が作れない。 砂利を利用して、その窪みで営巣する。

 他の鳥のように、木や草や森が必要だ、といった贅沢を言っているのではない。

 人や獣が立ち入らない、広い砂利場があれば、それだけでよい。 集団でコロニーを作って営巣するから広いほど良い。


 いつだったか、新聞に出ていたが、何とかこの窮地を救おうと、大きな倉庫の屋上に砂利を敷き詰めたところ、アジサシが巣を作ったという。 なるほど、人も来なければ結構広い場所だろう。


 自称、元釣り師である私も、川原を走り回り、コアジサシの巣を、蹴散らかしていたかも知れないことを思うと、心が痛む。




渡り
 コアジサシは5大陸に広く分布する。 日本では夏鳥として本州以南に渡来し、繁殖する。 冬場は東南アジアに渡って越冬する渡り鳥である。




食べもの
 コアジサシの食性は主に魚食である。 小魚やエビなどをホバリングしながら見つけると垂直にダイビングして捕食する。


ダイブ dive
 ・水中に飛び込むこと。 また、水中に潜ること。
 ・飛行機が急降下すること。
 ・空中に身を躍らせること。
【補注】
 ダイビング diving はその名詞形
by 広辞苑第六版より引用









 学名の意味 *12
 Sternas アジサシ 古代英語 stern (アジサシ)の【ラ】化
 albifrons 白い額の 【ラ】 albus (白い) + facies (顔)


 英名の意味
 little 小さい
 tern 〔鳥〕 アジサシ 《カモメの類》
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998


















2005/03/03
コハクチョウ (小白鳥) Page Top へ戻る
《コハクチョウ》 写真はクリックで拡大する
コハクチョウ 成鳥
滋賀県 湖北町
 琵琶湖水鳥湿地センタ
2005/02/11
Photo by Kohyuh

★写真はクリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名Cygnus columbianus
英名Bewick's Swan
全長 (L) = 120 cm *8
冬鳥
雌雄同色




京都府RDB §2 
京都府 準絶滅危惧種
環境省 指定なし





2005/03/03
 コハクチョウも、オオハクチョウも、写真を観て区別できる人はよほど鳥好きの人だ。 大きさが少し違うとか、嘴の黄色い部分の形が、少し違う程度でしかない。 私には大小はいらない、白鳥でいい。 私も鳥好きだが、そこまで立ち入りたくない。

 cf. コハクチョウとオオハクチョウの見分け方
 cf. オオハクチョウ




白鳥 はくちょう
カモ目 カモ科 の水鳥。
 大形で首が長く、全身白色。 世界に5種。 野生として日本で見るのはその内、オオハクチョウ・コハクチョウ・コブハクチョウ の3種だけ。

 オオハクチョウはシベリア東部で繁殖し、冬季南に渡る。 日本には北海道・青森県小湊・新潟県瓢湖などに渡 来。

天然記念物
 しらとり・白鳳・鵠
こく ・スワン
広辞苑第五版より引用



【補注1】 湖北町で観る白鳥は、このコハクチョウである。
【補注2】 
 この広辞苑の説明の中に 「天然記念物」 とあるのは、
 @ 特別天然記念物
  ・小湊
こみなと のハクチョウおよびその渡来地(青森県)
 A 国の天然記念物
  ・水原のハクチョウ渡来地 (新潟県・笠神村)
  ・猪苗代湖のハクチョウおよびその渡来地 (福島県)

 この中で、単に "ハクチョウ" と指定されているのは、
 オオハクチョウでも、コハクチョウでも、どちらでもよいということになる。 ただ、ここに指定された場所以外に居るものは、法的には天然記念物でも何でもない。






 全身が白色で美しい。 バレエや音楽や物語にも登場し、ツルと同様に、これほど多くの人に知られている鳥も少ないのではないか。

 実際に、白鳥を観たことがあるという人も多いでしょう。 私も何度も観たことがある。 それが果たして、野生のものだったのか、動物園や遊園地で飼われているものだったのか、覚えていない。





北帰行
 この写真のコハクチョウは、紛れもなく野生のものだ。 そして、この三月早々、北の国へ旅立ち始めたと新聞に出ていた。 そして、「コハクチョウの北帰行が始まった」 と表現していた。



余談
 むかし、小林旭の 「北帰行」 という歌があった。 歌えない私が、これだけはよく歌ったものだった。 大阪より北の地に、親類縁者がまったくいないにもかかわらず、かねて希望の東京の会社に就職し、群馬県高崎市に赴任した。 新しい道を開く希望に燃えた、私の青春の時だった。

 希望に満ち溢れていたとはいえ、そこは青春の時、北帰行の哀感を、それこそ共有できたし、この曲が当時のヒットソングでもあったから、そういう時代でもあったということだろう。


 この "北帰行" という新聞報道は、まさに、その哀感を呼びさますものであったのだが、何故だろうか。

 美しいものが、美しいが故に、運命のいたずらで、過酷な試練が待つ未来へ旅立つ姿を連想させるからかも知れない。 映画 「マレーナ」 のように。


 しかし、それは私の思い入れであろうし、"コハクチョウの北帰行" という言葉を使った新聞記者の思い入れというものである。 コハクチョウにとっては、早く、帰りたくて仕方がない故郷である。 子供を産み育てる地が悪かろう筈がない。

 何もこんなに人間が、うじゃうじゃいる所を好む筈がない。 全て生きんが為である。 北の大地は、冬になると、全ての餌場が氷で閉ざされる。 仕方がないから、南の地に来たのである。

 コハクチョウにとってそれは、流れて行かざるを得ない 「北帰行」 ならぬ 「南帰行」 の心境であったろう。 来年も無事な姿を見せて欲しいものだ。






 渡り
 主にユーラシア大陸の北極圏で繁殖し、冬に、一部サハリン経由で、北海道北部に渡来し、順次、更に南下し、越冬する。 西日本まで南下するものもいるという。
*8


コハクチョウの変り種? *13
コハクチョウ頭部(1) コハクチョウ頭部(2)
《嘴先端の黒色部が、嘴の中央を通って基部に達している固体》
コハクチョウにはこういうタイプもおるということである。

 2007/02/19 鶴見緑地 Photo by Kohyuh

 cf. コハクチョウとオオハクチョウの見分け方










 学名の意味 *12
 Cygnus 白鳥
 columbianus 北米コロンビア川の


 英名の意味
 Bewick's (人名) Bewick 氏の
 swan 〔鳥〕 ハクチョウ、スワン
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998



















2008/02/15
タンチョウ (丹頂) Page Top へ戻る
タンチョウ 北海道 鶴居・伊籐サンクチュアリ 2008/02/01 Photo by Kohyuh
タンチョウ  北海道
鶴居・伊籐サンクチュアリ
2008/02/01
Photo by Kohyuh

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

ツル目 Gruiformes
ツル科 Gruidae
学名 Grus japonensis
英名Red-crowned Crane
全長 (L) = 140 cm *8
留鳥
雌雄同色

特別天然記念物 昭和27年3月29日 §6
国際希少種 §6
環境省 : 絶滅危惧U類 (VU) §6




2008/02/15
 タンチョウは北海道では留鳥である。
 かって、乱獲や開発が進み、絶滅が心配されたが、1924年に釧路湿原で十数羽が再発見されたという。

 それらのタンチョウに対して、餌がなくなる厳しい冬に、自分たちのためにとっておいたトウモロコシを与えるなど、地元の人たちの深い愛情に守られ、次第に生息数を増やしていった。 現在の日本で、900羽
(平成15年) まで回復しているという。

・・・ 以上、鶴居村パンフレットによる







 訪れた鶴居村の 「鶴居・伊籐タンチョウサンクチュアリ」 にしても、「鶴見台」 にしても、こうした個人の努力で始まり、今も土地を提供しての保護活動がなされているのである。 ただ、サンクチュアリの方は、新しく組織されて、立派に活動が維持されている。





鶴見台
 一方、鶴見台では様子が異なる。 長靴はいて双眼鏡をぶら下げたおばあちゃんがいたから、『餌撒きは何時ごろですかねぇ』 と話しかけると、『もう朝早ように撒いた。 観光バスが来てからでは、ツルも落ち着いて食べられんから』 という。 地元のボランティアの人かと思った。

 隣にいたグループのガイドの人が、あのおばあちゃんがこの土地の提供者だと説明していた。 幹線道路脇ということで、『いつの間にか駐車場が作られ、鶴見台という名前が付けられ、観光バスが立ち寄るようになり、食堂などもできたりした』 といっていた。

 利に聡い人たちと、おばあちゃんのやさしさと、観光客としての立場の自分の思いと、それらが入り混じり、交差して、複雑な思いで、鶴見台を後にした。




 鶴居村のタンチョウたちの塒
ねぐら は近くの雪裡川 せつりがわ に在る。 川の中に立ち入って眠りにつくのである。 もちろん、そこは立ち入り禁止区域であるが、そこに架かる橋の上からの眺めが絶好の撮影ポイントということが知れ渡った。 早朝に、ねぐらから餌をもとめて飛び立つ姿を撮らえるようである。

 cf. タンチョウのねぐら(写真)



 そういう訳で全国といわず、世界各国から写真愛好家が群がり集まるため、車の通行の邪魔になるし、第一、危なくてしようが無いため、もう一本橋が併設されたという。 音羽橋
おとわばし 歩道橋である。

 これは全国的に見ても例が無かろうと思う。 かくいう私も朝早く馳せ参じた次第であった。 バズーカ砲 のようなカメラが林立していた。 私も8時過ぎまでねばったがツルたちは飛び立たなかった。 聞くと、寒いとツルも人間と同じで寝起きが悪いということであった。

 ここは寒いし、ならば飛来地で待とうと鶴見台へ回ったら、既に、多数が到着していた。 それでも次から次へと飛んで来たから、間に合ったと言えなくもない。

 この鶴見台にはバズーカ砲はなかった。 というのは背景に電線や建物が写り込み、写真にならないからだという。 バスツアー客たちや写真はどうでも良い人たちが、記念にちょっとタンチョウを観て行くのには都合が良いようである。




バズーカ砲 bazooka
ロケット式の対戦車砲
 人が肩に担いで移動したり、発射したりするもの。 よく、紛争地などでゲリラ兵が肩にかけているところを報道写真等で見かける。

 ここでは、その大きさや姿・格好から超望遠レンズカメラに例えたもの。

 cf. 超望遠レンズ






タンチョウのねぐら
 ガイドの人が 『タンチョウは川の水の中に立ち込んで眠るのですが、それは何故だか分りますか?』 という声が耳に入った。 となりにいたグループだから、嫌でも耳に入るのである。

 私は ナベヅル を観に行ったときに聞いて知っていたから、直ぐにも手を上げることが出来たのであるが、関係のない立場上やめた。 ところが回答は私の予想とは違っていたのである。

 その方の説明によれば、水の中の方が暖かいからだという。 外気温がマイナス10数度となっても、水の温度は、下がってせいぜいマイナス数度という。 なるほど、これは理屈としては間違ってはいまい。

 しかし、完全ではないと私は考える。 やはり、ナベヅルのところで聞いた ツルのねぐら の話にあるように、安全第一というものが始めにありきではないか。 そうでなければ、ただ暖かければ地上でも良いのか、という質問には答えられないからだ。










2005/01/29
タンチョウ 若鳥 鹿児島県 出水市 2005/01/22 Photo by Kohyuh
タンチョウ
若鳥 鹿児島県 出水市
2005/01/22
Photo by Kohyuh
 タンチョウは、北海道では 留鳥 であるが、ここ鹿児島県出水市では 冬鳥 である。 若鳥が 1羽だけ、ナベヅルマナヅル に紛れ込んでいた。 それに、37年振りの渡来とか。 写真右中央の尾羽の茶色っぽい固体がタンチョウである。



 何しろ1羽しかいないのであるから、教えて貰わないと、見つけることが出来ない。 まず、自分で探そうと思う気力も、一万羽以上のツル達を前にしては、失せるだろう。









予想外の姿
 タンチョウは、テレビ等で観て、姿かたちを知っている人も多いと思う。 だから、自力で探そうと思う人が、いても不思議ではない。 時間さえかければ出来るはずだから。 ところが、その試みは失敗するだろう。 何故なら、思っていたのとまったく違っていたからだ。 およそ、タンチョウらしくない。 若鳥 だという。

 このタンチョウは、余程お腹がすいていたのか、下を向いて食べ続けていたため、他のツルに隠れて、背中とお尻しか見えなかった。

 「ほら、あの白っぽい背中の、お尻が茶色いのが見えるでしょう」 と教えてくれるが、なるほど、他のと少し違うな、と思うも、感激できない。 思っていたのとは違う、という不満があった。 それに、お尻だけの写真では、いくら証拠写真といっても、様にならない、という不満もあった。


 この写真は、他のツルたちが満腹したのか、餌場を離れ出したから、顔がでているだけで、もう何時間も前からこの姿勢である。 いやはや、まいった。




進化も考えもの
 それにしても、一羽だけでいても、寂しいという風でもなく、溶け込んでいるのは、何だろう。 カラスがそうだが、より知恵がつくと、意地悪という能力を手にする。

 また、人間のように、さらに知恵がつくと、騙す・裏切る・嫉むといった能力も手にするのかも知れない。 ツルの世界の辞書には、このような言葉は、ない。








 
渡り
 タンチョウは、主に、アムール川流域等で繁殖するが、北海道で繁殖するものもいる。
*8

 鹿児島県に渡来したものは、アムール川流域等で繁殖したものであろう。




 学名の意味 *12
 Grus ツル属
 japonensis 日本産の : Japan + ensis (【ラ】)〜に属する


 英名の意味
 red 赤い
crowned: 王冠をいただいた、王位についた; 冠飾のある
 crane 〔鳥〕 ツル
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998













2005/01/24
ナベヅル (鍋鶴) Page Top へ戻る
《ナベヅルの親子》 写真はクリックで拡大する
ナベヅルの親子
鹿児島県 出水市
荒崎 鶴展望所前
2005/01/22
Photo by Kohyuh

★写真はクリックで拡大する

ツル目 Gruiformes
ツル科 Gruidae
学名Grus monacha
英名Hooded Crane
全長 (L) = 100 cm *8
冬鳥
雌雄同色





 国際希少種 §6
 環境省 : 絶滅危惧U類 (VU) §6






2005/01/24
全滅の危険性
 「世界中の9割以上のナベヅルが、日本で越冬する」 *2
 その定期的な越冬地は、山口県の野毛町と、ここ鹿児島県出水市の二ヶ所だけという。 それだけに、伝染病などの発生があれば、全滅する危険性がある。


 一方、狭い地域に集中することによって、作物被害の拡大・分散を防ぎ易いし、管理も容易ということにもなる。 とはいえ、絶滅を防ぐ方がより重要課題であるため、越冬地の集中を避け、分散して越冬させることが出来ないものか、その対応を模索しているという。





 この出水市の荒崎辺りは、特別天然記念物指定地域や国設鳥獣保護区設定区域に指定され、国や県などが財政面の後ろ盾となって、トン単位で、餌となる穀物を撒き、飛来数の計測など、その保護に懸命だ。

 餌場には人間は入れないが、保護の対象外のカモ類や ミヤマガラススズメ 等、翼を持つ鳥たちは、おこぼれを狙って、自由に立ち入るが、数でいうなら知れている。

 何しろナベヅルマナヅル 他、ツル類を合計すると、その数、一万一千羽に以上になるからだ。 記録し忘れたが、何万何千何百何十何羽と黒板に書いてあった。




アネハヅルのこと
 ナベヅルの他に、マナヅル も負けず劣らずの数でいた。 それに クロヅル を2羽と、三十数年ぶりの飛来というタンチョウを1羽と、それにアネハヅル 1羽を観ることが出来た。

 アネハヅルは、立派なフィールドスコープを覗かせて貰って、確認できたが、私のカメラに映るものではない。 従って、証拠写真は無い。 残念ながらカナダヅルやナベクロヅルもいたらしいが、分からなかった。








§§§ 家族単位で行動
 鶴の展望所には、係員がいて、詳細な説明をしてくれた。 お決まりの質問が、「どうして何羽の単位まで数えられるのか、およその数字ではないのか」、ということらしい。 計数は簡単ではないが、ツルならではの生態を知り尽くしての方法で、納得がいくものであった。




渡来数の計数の仕方
 ツルは群れてはいるが、家族単位で行動する。 だから群れのリーダというものはいない。 飛び立つときも父親が先頭で、次に2−3羽の子供が、最後に母親が飛び立つという。

@ 四五羽単位で三々五々飛び立っていくから、数えやすい。 先ず、飛び立って行った数を計数する。 これを担当する人達は、それほど困難な仕事ではない。
 その数をAとする。

A ほとんど飛び立った頃でも、のんびり屋の家族もいるだろうから、その居残り組みの者たちを計数する。
 その数をBとする。

 これを担当する人達は、ベテランだろう。 それも残っている家族の数にもよるが、数家族ぐらいであれば、私でも出来ると思うが、数えている最中に、帰って来る家族でもいると、頭が混乱するに違いない。 実際は、かまわずに、一緒に計数する。 理由は、帰ってくる家族を計数する人達が別にいるからだ。

B A項を計数している頃には、早くに飛び立った家族は戻ってくることもあるだろう。 その数も計数するのだ。
 その数をCとする。

C 注意しなければならないのは、A項の計数である。 前述のとおり、これが一番大変かも知れない。 残り少なくなって数えやすくなったと思った頃には、次々と帰ってくる家族がいるかも知れないからだ。

 もう一つ大事なのは、いつ終了するかだろう。 一番難しいと思われるA項の計数に、確信が持てた時点で終了することだ。

  早すぎると、残っている家族が多くて計数ミスを起こしやすい。 また、遅すぎると、帰ってくる家族も多くなり、これも計数ミスを起こす原因となる。 この辺りのタイミングをはかるのは経験がものをいうだろう。

D 飛来数(D)は、D=A−B+C、として得ることが出来る。


 このような大規模な観測も、心無い者がカメラのフラッシュをたいて、台無しにすることがあるからというから困ったものだ。

 一斉に飛び立たれては、計数が出来ないからだ。 また、車のヘッドライトで台無しになったこともあるという。

 だから最近では、計数調査時は、車の往来も禁止していると聞いたが、それも止むを得ないだろう。










§§§ ツルもそれぞれ
 私が訪れた時は、夕方近くであったが、餌場は混雑していた。 翌朝、9時過ぎに訪れた時は、もっと混雑していた。 朝七時頃に、餌撒きをするからだろう。 何れにしても、一日中、騒がしく、採餌に夢中だということになる。

 この餌場に来るまでにも、あちこちで、ツルを見かけたから、人様のお世話にはならない、という理念を持った、家族というか父親も多いのであろう。 餌場から、随分、遠いところでも見かけたこともある。




ツルのねぐら
 昼間は家族単位で各所に散らばっていたツルたちも、夜になると、彼らのために用意された水場に帰ってくるという。 一万羽以上のツル達が、全員この水場に入って、夜を過ごすそうだ。 獣から身の安全を守るためだ。

 水の中までは、獣も近寄り難いだろう。 例え、水に入れたとしても、ツル達は、その時の水の振動を検知することが出来るという。 その時は、眠いが仕方が無い、逃げるだけだ。

cf. タンチョウのねぐら






§§§ ナベヅルは小汚い?
 家内は、子供の頃に観たナベヅルのことを、小汚いツルと思ったそうだ。 それをわざわざ観に行くことになったが、あらためて観ると、なかなか美しいという。


 ナベヅルの学名の意味は、「修道尼のようなツル」 だそうだ。 中々の命名である。

 一方、和名は 「鍋底のように黒いツル」 の意味だろう。 どうも、馬鹿にしたような命名ではないか。

 それに、鍋底が黒いのも、最早、眼にすることが出来ないのではないか。



 いづれにしても、この健気に生きているツル達の話を聞けば、尚のこと、愛着が湧くのも分かる気がする。 また、説明員の話が、とても上手で、ツルの夫婦愛の実話は、涙なくしては語れないので、ここでは、省略させていただくことにする。 出来れば、是非にも、訪れて欲しいと思っている。








 
渡り
 ナベヅルは、バイカル湖北部やアムール川周辺等で繁殖し、その90%以上が、朝鮮半島を経由して長崎県、山口県に渡来する。




有視界飛行
 また、ツルの渡りは、有視界飛行で行われるという。 水平線の向こうの見えない島を目指すというような無茶はしない。

 アムール川に沿って南下し、朝鮮半島を縦断して、島伝いに来れば、越冬に適した土地は、自ずとこの出水市になるという。 バイカル湖付近やアムール川流域で生まれた子供たちは、半年もたたないのに、渡ってくるという。




 両親に守られて、とは云え、長旅で、楽では無いだろう。 そして、ここで越冬し、春になって、また、生まれ故郷に帰っていく。 わざわざ危険な旅をするのも、安全な大陸の繁殖地が、冬には氷で閉ざされ、一切の食べ物を閉じ込めてしまうからだそうだ。


<参考> 鹿児島県出水市ホームページ
      http://www.city.izumi.kagoshima.jp/default.asp






 学名の意味 *12
 Grus ツル属
 monacha 修道尼、専制君主 : 【ギ】 monorchos


 英名の意味
 hooded 〔動〕 ずきん状の冠毛のある
 crane 〔鳥〕 ツル
 by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998













2008/01/29
ハチクマ (蜂角鷹) Page Top へ戻る
《ハチクマ》 写真はクリックで拡大する
ハチクマ 長野県
2007/09/20
Photo by Mitchao
(写真提供: ミッチャオ)

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

タカ目 Falconiformes
タカ科 Accipitridae
学名Pernis apivorus
英名Honey Buzzard
全長 (L) = ♂57 cm ♀60.5 cm
*2
夏鳥

京都府RDB §2
京都府 絶滅危惧種
環境省 準絶滅危惧(NT)





2008/01/29
 ミッチャオ さんからハチクマの写真をいただいた。

 『鷹の渡りを観察、撮影に信州まで行ってきました。 運がいい日には 1,000 羽ほど通過するですが、もっと運がよいと 5,000 羽ほどが渡っていくそうです。 お彼岸の中日前後は、サシバが80〜90%で、残りの大部分がハチクマです。 2007年はハチクマの割合が例年より多くシャッターチャンスが多くありました。 大きい翼や体に比べて顔が小さく、また、ひょうきんな顔をしています。』

 とのコメントが添えてあった。






 なるほどコメントにあるとおり、ひょうきんな顔といのは写真を見れば納得する。 一方、小顔というのは褒め言葉である。 何故なら、モデルを生業とする方々に 『デカ顔』 はいない。

 いずれにしても、当のハチクマにしてみれば顔のことをとやかく言われるのは面白くないかも知れない。 このようなことが言えるのも鮮明な写真があるからこそであって、右下のような私が撮った写真では、顔のことなど云々出切るものではない。







2005/09/26
ハチクマ 交野市 交野山 2004/09/23
ハチクマ
交野市 交野山
2004/09/23
 交野山の岩の上は、大勢の鳥観客で賑わっていた。 「交野生きものふれあいセンタ タカの渡り観察会」 の人達であった。

 この時季、毎日、調査しているという。 交代しながらであろうか、大変な作業のように思う。 そして、その日毎の観察記録は、センタ内に張り出しているから立派である。

 フィールドスコープを2台並べて、双眼鏡のように細工したものや、それぞれに工夫を凝らして観察していた。






 桃山御陵とか、淀の競馬場とか、その辺りから、三々五々、タカらしき鳥が、旋回しながら上昇していくのが見える。 周りの人達から、何処そこから、何羽上がった、という声が聞こえるから、初めての私でも、確認できる。





 私の双眼鏡では、米粒ほどにしか見えない。 それが、東山の稜線を越えるほどの高さに上がると、こちらに向かってくるのが分かる。 上昇に失敗したのか、全部が全部、こちらに来るとは限らない。



 ゆっくりと、風に流されるように近付いてくるが、それが意外に早い。 その速度と距離感が、私の感覚と合わない。 カメラの準備をしている内に、未だだろうと思っていると、もう通り過ぎようとしている。

 私のカメラでは、真上を通過する、その瞬間を捉えなければ、米粒ほどにしか写らない。 ところが、何しろ、相手は風まかせだから、必ずしも、近くを通るとは限らない。 その結果が、この写真がである。 ハチクマと言っていたから、ハチクマだろう。 残念ながら、私は、同定 する力がない。

 フィールドマークにある、丸みのある尾は、まあ、そうかなと思う。 トビの尾ではない。 長めの頸というのが分からない。 どちらかというと、頸は短いように見える。




タカの渡り
 ★タカの渡りは、9月中旬から10月上旬で、ピークは9月25日前後
 ★よく飛ばない日は、雨や強風や晴天でも風のない日
 ★よく飛ぶ日は、荒天が2日ほど続いた後の、翌日か、翌々日の晴天
 ★上昇気流のあるところにタカが集まり、数十羽から数百羽が輪を描きながら上昇する光景を 「タカ柱」 と呼んでいる。 これは、いわゆる群れではなく、上昇気流という、乗り合いバスにでも乗っている気分であろうか。

by 「交野生きものふれあいセンタ タカの渡り観察会」
パンフより抜粋


 私は、丁度、良い日に交野山に来たらしい。 今までで最高の渡りの数であったという。











名前の由来
引用 *31
 江戸時代前期からハチクマの名で知られていた。 主に昆虫を食べるが、ハチ類を好む "くまたか" というのが名前の由来である。 好んでジバチの巣を襲い、幼虫、蜜、蜜蝋を食う習性がある。




 
渡り
 日本へは 夏鳥 として、東南アジアの方からやって来る。 冬場は、これらの昆虫が少なくなるため、暖かい、昆虫の多い、東南アジアの方へ渡ると考えられている。
*13




 ★ハチクマフィールドマーク *2
 ・長めの頸
 ・丸みのある尾






 学名の意味 *12
 Pernis 鷹の一種  【ギ】
 apivorus 蜂を食う 【ラ】 apis (蜂)、vorus (食う) 


 英名の意味
 honey T (はち)みつの. U (甘さが)みつのような; 甘美な
 buzzard 〔鳥〕
T 《米》 (コンドル・タカなどの)猛禽
U 《英》 ノスリ
 by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998













2006/11/05
ヒレンジャク (緋連雀) Page Top へ戻る
《ヒレンジャク》 写真はクリックで拡大する
ヒレンジャク
京都府 大山崎
2006/04/06
Photo by Takayam
(写真提供: 高山)

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

スズメ目 Passeriformes
レンジャク科 Bombycillidae
学名Bombycilla japonica
英名Japanese Waxwing
全長 (L)  = 17.5 cm *2
冬鳥
雌雄同色









2006/11/05
 これまでヒレンジャクは八幡では見つかっていなかった。 今年 (2006/04/30) 背割堤で観測されていることが分かった。 それで、八幡市の鳥として組み込み修正した。










【2006/04/20
 高山さんから ヒレンジャク の写真をいただいた。 数は少ないが キレンジャク もいたという。 その明確な写真がないのは残念ではあるが、これは致し方ない。 何しろ、欲張っていると、この写真のシャッターチャンスまで逃してしまうことがあるからである。

 欲張らないで、撮れるものを撮れるときに撮っておく。 これは、人に押し付けるつもりはないが、私のスタイルである。


 欲を出せば切がない。 背景がどうの、向きがどうのと注文をつけたいだろうが、彼らは聞いてくれるものではない。

 また、『鳴くまで待とう ホトトギス』 という達人レベルの人も、数多くおられるが、それは、鳥観
(とりみ) より、写真家としてのウェイトの方が高いという、スタイルの問題であろう。







いがみの権太
 シメヤンキー顔と思っていたが、このヒレンジャクは、その上を行くのではなかろうか。 ・・・ というより、シメが、どこか日本的な、本当は親思いの心優しい "いがみの権太" とすれば、レンジャクは怪盗ルパンのようである。

 何か、華麗な感じがする。 やはり、冠羽 の有り無しが影響するのであろう。 それに、色眼鏡を掛けたようでもあり、私の憧れる逆八の字の眉のようでもある、立派な 過眼線 も影響するであろう。 私など目を合わせられない気がする。 




ヤンキー Yankee
広辞苑第四版では、
 ・アメリカ人の俗称。
 ・アメリカ合衆国北部諸州の住民、特に、ニュー‐イングランドの住民。


・・・ となっているが、元は南北戦争当時、南部の人が北部の人に対する蔑称であった。



 ここでいう、ヤンキーは、うんこ座りをしたりする不良っぽい若者のことを指し、大阪弁で 『〜やんけー』 と連発するところから、「ヤンキー」 と引っ掛けたもの。 彼らは不良っぽく見えるが喧嘩はめっぽう弱いらしい。




Yankee
ヤンキー
T 《米》 ニューイングランド人
U 《米南部》 米国北部諸州の人
V 《米》 米国北軍の兵士
  《南北戦争当時のニックネーム》
W 《英》 米国人
  (注米国外では一般にアメリカ人の俗称)


【語源】
 New York のオランダ移民が Connecticut の英国移民をよんだあだ名 Jan Kees (=John Cheese) からか?
by New College English-Japanese Dictionary,
6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998











2005/07/31
 宇治橋近くの朝日焼松露会館の喫茶からは、宇治川も眺められ、雰囲気も良いとの評判である。 天瀬ダムへ、ヤマセミ を期待して、鳥観に行った帰り道、立ち寄ったが、丁度、シーズンオフとのことで、残念ながら、営業していなかった。 見ると、目の前の大木に、ヤドリギ(寄生木)が、五六個あるのが目に入った。


 ヤドリギの実は、ヒレンジャクの大好物である。 そして、どんな鳥でもそうだが、よく糞をする。

 空を飛ぶためには、常に、身軽にしておかなければならないからだろう。 不要物は早く排泄しておくに越したことは無い。



 鳥にとっては、タネが主な不要物、ということになる。 植物も、このことをよく知っていて、鳥に実を食べさせる代わりに、タネを遠くに運んで貰って、そこで排泄して貰えば、例え、動けなくても、結果的に、タネを運んだことになる。

 もちろん植物にも色々な戦略があり、タネを、風で飛ばすものや、引っ付き紋付のように、人や獣に引っ付いていくものもある。




ヤドリギの戦略
 ヤドリギの戦略は、その実を食べた鳥の糞に粘着力を持たせたところが面白い。 ヤドリギの実を食べた、ヒレンジャク にとっては、それこそ、糞切りが悪いのであろう、金魚の糞みたいに、糞を垂らしたまま、枝に止まっている写真を見たことがある。 これが、近くの木の葉とか枝に、くっつく仕掛けだ。


 何がヤドリギにとって得かといえば、木の高いところで、芽が出せるからである。

 当然、そこは、日当たりも良かろう。 それに、地上から、その位置まで成長するのを待っていては、それこそ、まどろっこしい。


 こんな芸当ができるのも、ヤドリギが、落葉広葉樹に半寄生する変わりものであるからだ。 芽が出ると、根を宿主の幹に食い込ませて、養分を分けて貰うという。










 ここに来たときには、ヒレンジャクはいなかった。 朝日焼松露会館の喫茶も、お休みだし、仕方なく、塔の島の見物をしたいからといって、そこの駐車場に車を置かせて貰って、出かけることにした。 三十分ほどたったろうか、帰ってきたら、ヒレンジャクがいた。


 私は、もちろん、ヒレンジャクを観るのは、初めてである。 それも数十羽の群れでいた。 キレンジャクも一羽、群れに混じっていた。 関西では珍しいと、金田敦男氏(日本鳥類保護連盟)から聞いた。

 そのキレンジャクも、写真に撮ったつもりでいたが、残念ながら、写っていなかった。 尾羽の先が黄色か緋色かの差だけではあるが、黄色の方が鮮やかなように思えたものだ。 逃がした獲物は大きいという。



 ちょろちょろと、動き回るでもなく、鳴き交わすでもなく、静かに、塒
ねぐら につく前のひと時を、皆んなで、くつろいでいる風であった。 フィールドスコープでも観たし、証拠写真も撮れたし、と我々も満足している内に、いつの間にか消えていた。

 羽毛が、学名では、絹のような、英名では、蝋(ロウ)のような、つややかな光沢にたとえられている。 まさしくその通りであった。




情けないヒレンジャクの英名の由来
 キレンジャクは、次列風切の先端に赤色斑があり、これが蝋質 (wax) の赤い突起物であるところから、waxwing と名付けられたらしい。 ところが一方、ヒレンジャクでは、それは蝋質ではなく、単に赤い色をしているだけという。 それでも、同じように waxwing である。


 英名の由来を聞いてあきれた。 どちらのレンジャクにしても、他の鳥には少ない、きめの細かい絹のような、または、ワックスを塗ったような艶やかな羽毛をしていると見るのが、普通の人の印象であろうと思う。

 それを、ワックスウィング (waxwing) というのなら立派な命名である。 学名が、「絹のような光沢をした」 と表現したのと同義語であろう。


 ところが何だ? 眼に見えないような小さな突起物がワックス質だからって? それを百歩譲ったとして、キレンジャクだけならまだしも、ワックス質でないヒレンジャクにも同じように名付けると言うのか? それなら、細かいところにこだわった理由がないではないか。

 細かい屁理屈をいうのなら、最後まで、その屁理屈を通すのが筋だろう。 屁理屈というのはそういうものだ。 これまで、英名には、敬意を持って接してきたのに、情けない。 実に情けない。








名前の由来 *31
 レンジャク類は、平安時代から "れんじゃく(連雀)" の名で知られていた。 群れをなしているからである。 江戸時代になって、"きれんじゃく" "ひれんじゃく" と区別するようになった。

 和名の連雀は、群れで行動し、電線や、木の枝などに、(雀が)連なって止まっているように見えるところから、付けられたという。




ヒレンジャクフィールドマーク *21
 ・ブドウ褐色で太い体
 ・冠羽の下にまで続く黒い過眼線
 ・先端が赤い尾羽




渡り
 ヒレンジャクは冬鳥 として、全国に渡来するが数は少ないという。 主に 3-4月頃に、太平洋岸の各地に見られるとのこと。
*21

 主に、シベリヤで繁殖し、日本には11月ごろ各地に渡来する。
*22




食べもの by Wikipedia
 ヒレンジャクの食性は果実食で、主としてヤドリギ、ネズミモチなどの実を食すが、繁殖期には高蛋白、高エネルギーである昆虫等を食す。








 学名の意味 *12
 Bombycilla 絹のような尾  【ラ】 bombyx (絹) + cilla (尾)
 japonica 日本の 【ラ】 japonicus の女性形 Japan + icus 属する


 英名の意味
 Japanese 日本の
 waxwing ワックスをかけたような羽根
wax :  蝋 ろう ; 蜜蝋 みつろう
wing : (鳥の)翼
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997












2005/05/30
ホシハジロ (星羽白) Page Top へ戻る
《ホシハジロ》 クリックで拡大する
ホシハジロ
鶴見緑地公園
2007/02/19
Photo by Kohyuh

 ★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名 Aythya ferina
英名 Common Pochard
全長 (L) = 45 cm *2
冬鳥

狩猟鳥 §6








2005/05/30
見分けかた
 私は、ホシハジロのことを ヒドリガモ とよく見間違う。 見比べれば、違いはすぐ分かると思うが、蛇足ながら補足しておきます。

 ・ホシハジロは背中が白い。
 ・ヒドリガモ のように、おでこの白い斑がない。





名前の由来
 よく観ないと分からないが、背中全体に、非常にこまかい縞模様がある。 これを星の散らばりに例えたのであろう、名前の由来となったという。


 命名については、いつも思うが、素人のことは考えていない。 手元に置いて、解剖学的見地から、違いや似たところを調べて分類し、特徴を端的に現す名前を考えてのことだろうかとは思う。


 しかし、遠くにいるホシハジロを観て、星を連想できるものでは決してない。 解剖台の上に置いて、間近に観たから連想できるのだ。







潜水型の有利性
 英名から分かるように 潜水型 のカモということだ。 実際に潜水していたか記憶に無いが、尾羽が水面に接しているところを見ると、潜水型と納得する。

 それでも嘴の形を見れば、魚を獲れるものではない。 それに、このずんぐりむっくりの体では、魚の逃げるスピードのことを考えると、なおさら無理だろう。

 せいぜい、水底まで潜って水草を食べる程度の潜水能力であろう。 それでも、マガモや他のカモたちのように、逆立ちしかできない者に比べれば、餌を得る範囲は、ぐっと広がり、有利である。




 
渡り
 ホシハジロは、主にユーラシア大陸の中緯度のヨーロッパで繁殖し、冬は、ヨーロッパ南部に渡って越冬する。
 一部は日本全土に渡ってきて越冬する。
*8




 学名の意味 *12
 Aythya Ayres 氏の (人名)
 ferina 猟鳥の 【ラ】 ferina は狩猟鳥獣の肉の意


 英名の意味
 common 普通の
 pochard ずんぐりした潜水型のカモ
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997














2005/01/25
マナヅル (真鶴) Page Top へ戻る
マナヅルの家族 鹿児島県 出水市 荒崎 鶴展望所前 2005/01/22 Photo by Kohyuh
マナヅルの家族
鹿児島県 出水市
荒崎 鶴展望所前
2005/01/22
Photo by Kohyuh

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

ツル目 Gruiformes
ツル科 Gruidae
学名] Grus vipio
英名] White-naped Crane
全長 (L)  = 127 cm *8
冬鳥
雌雄同色




国際希少種 §6
環境省 : 絶滅危惧U類 (VU) §6





2005/01/25
§§§ 平和共存
 マナヅルの日本での主な越冬地は、出水市だそうだ。 ナベヅル より遅く来て、早く帰っていくとのこと。 越冬地では、ツルだけでなく、色々な種類の鳥たちが、実に仲良く暮らしている。 ときおり、小競り合いも見かけるが、ほんの数秒のことで、直ぐに仲直りする。

 三十数年ぶりに飛来した、一羽のタンチョウも、若鳥 であるにもかかわらず、ナベヅルやマナヅルの中に溶け込んでいる。 かといって、ツルたちがお互いの種を判別できないのではないことは確かだ。

 獣の世界では、こと食べものとなると、仲間同士でも争うのが普通だろう。 種が違えば、殺し合いもする。 そのことを思うだけでも、鳥たちの世界観の素晴らしさを、感じることが出来る筈だ。


 マナヅルの学名の意味は、「小型のツル」 だそうだが、中々どうして、ナベヅル よりも大きい。

 それに、和名は 「真のツル」 という意味だろうが、これは褒めすぎだろう。 褒めすぎも、結局のところ、馬鹿にしたようなものだ。 どうも、学者の想像力を疑ってしまう。








§§§ 見かけの数
 マナヅルは、採餌場にいるとかなり目立つ。 私の印象では、ナベヅルより多いか、同じぐらいの羽数に思えた。 しかし、実際の調査では、ナベヅルの四分の一、ほどでしかない。

 ナベヅルより少し大きいし、いかにもツルらしく、美しい色合いだ。 だから、外観的に目立つのは、確かだが、どうも、それだけでは無さそうだ。


 これは私の勝手な想像だが、マナヅルの方が人馴れしているのではないだろうか。 観光客がカメラや望遠鏡で覗いても、平気な者だけが、餌場のいい場所に近づける。





餌の撒き方
 餌を撒くにしても、本来は、人目から遠く離れた場所にする方が、彼らのストレスを軽減できるし、人間を介して病原菌に感染させない、対策にもなる筈だ。

 一方で、観光客へのサービスも必要だろう。 特別なフィールドスコープや双眼鏡が無くても、間近で観察できる。 シギチ 観察のように、道具がものを言う世界は、持たぬ者にとっては、足が遠のくだけだ。





 ここ出水市では、非常に広範囲に餌撒きをしているようで、臆病な者は遠くで、平気なものは近くで、と多様な選択肢が用意されている。

 もし、ナベヅルの方が、野性味があるとすれば、その多くは、目につき難い、遠くの方にいるだろう。 印象だけでは、どうしても、目につき易いかどうかで判断してしまう。 結果、実際の計測数とは、かけ離れたものになってしまった。 当然であろう。




 ともあれ、ストレスがどうのこうのと、私が云おうが云うまいが、彼らは無頓着に、一心不乱に餌を啄ばんでいた。 ときおり、何かに驚いて、一瞬、一斉に飛び上がるが、また、何事も無かったように振舞う。


 三々五々、飛び立つツルの家族や舞い降りる家族が、ゆったりと空を行き交い、それに加えて、弾丸のような速さで、カモの群れが、これもまた、飛び立ち舞い降りる。 何と平和な光景であろうか。




 渡り
 マナヅルは、シベリア東南部、中国東北部等で繁殖し、冬に、その一部が、朝鮮半島を経由して、主に鹿児島県に渡来する。
*8




 学名の意味 *12
 Grus ツル属
 vipio 小型のツルの一種


 英名の意味
 white-naped 白いうなじをした
nape :  うなじ、首すじ
 crane 〔鳥〕 ツル
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997














2006/01/17
ミコアイサ (巫女秋沙) Page Top へ戻る
ミコアイサ ♂ 生殖羽 枚方市 舟橋川 2006/01/15 Photo by Takase
ミコアイサ ♂ 生殖羽
枚方市 舟橋川
2006/01/15
Photo by Takase
(写真提供: 高瀬)

★写真は 成鳥: クリックで拡大する

カモ目 Anseriformes
カモ科 Anatidae
学名Mergus albellus
英名Smew
全長 (L) = 42 cm *2
冬鳥







2006/01/17
 高瀬さんから綺麗に着飾った (生殖羽) ミコアイサの写真@をいただいた。

 写真Aエクリプス の頃と比べて、白いところは尚白く、黒いところは尚黒く、明暗がはっきりしている。 もう、どこに出しても恥ずかしくない晴れ姿である。 わざわざ、成人式の日に合わせて、写真を撮りに行ったかのようである。









2005/12/18
 高山さんからミコアイサの雌の写真をいただいた。

 私が新大池に行ったのは、その前日のことになるが、数組のミコアイサのペアがいた。 この新大池ほどの大きさになると、私のカメラでは手に届かない。

 何度か無理を承知で接近を試みたが、結局、間合いは縮まらなかった。 諦めていたたところの朗報である。





 ミコアイサは雌雄異色である。 普通、雌雄異色の場合、綺麗な 羽衣 を持つものの方が数が多い、ということは前に記したとおりである。

 
cf. 好酉の鳥紀行 (フランス編) 「イエスズメ




 ミコアイサで言えば雄の方の個体数が多いはずである。 逆に、雌が少ないということだ。 これまで、雌の写真が無かったのは、こういう背景もある。

 ところが、新大池で見る限り、雌雄の個体数に有意差はなかった。 ということは、カップルだけで、ここに新婚旅行にでも来たのかも知れない。





雌雄判別
 雌雄判別は、頭部だけでも可能かも知れない。 黒いサングラスを掛けたところは同じであるが、雄は白いベレー帽、雌は茶色のベレー帽を被っている様に見える。

 雄がエクリプスの真っ盛りの時は、雌と良く似ていて、このベレー帽の色が、雌のものより赤みを帯びている程度という。 とすれば、私レベルの鑑識眼では、ヒドリガモと見間違っていたかも知れない。






 高山さんのコメントに、「ハシビロガモカルガモ? 右にコガモ、それらより前に居るにもかかわらず、ミコアイサの方が小さいですね」 とあった。 なるほど、その様に見える。


 嘴 くちばし の先から、尻尾の先まで計る 「全長(L)」 のデータでは、コガモ が一番小さいカモの筈である。 それでも、見かけは、ミコアイサの方が、確かに小さい。



統計データは要注意
 ミコアイサの体は華奢で、また、コガモより首や尻尾が長い。 一方、コガモは、どちらかと言えば、ずんぐりむっくりである。 潜水型 のミコアイサがコガモのように、ずんぐりむっくりでは潜れない。 コガモの方が大きく見えるのは当然のことかも知れない。 


 我々は、統計データなどを示されて、単に数値の大小だけで判断しがちであるが、データの計測・採取方法や処理の方法など、その背景を知らなければ見えるものも見えてこないものである。 言葉は悪いが、何事につけ、数値データは、騙しやすいし騙されやすい。






2005/12/14
 高山さんから、ミコアイサの写真をいただいた。 招提の新大池というから、ご近所だ。 まだ、エクリプス であるが、お近くの方は、観に行かれるなら急がれた方がよい。 今なら間に合う筈である。


 しかし、いつまでも長居するとは限らない。 翼もあることだし、お相手も探さなければならないから。

 それにしても、まあ、カモにしては、ユニークである。 後頭部にもご注目ください。 予想を超えるファッションに、きっと驚かれることでしょう。






2005/03/22B
《ミコアイサ》 西池 滋賀県 2004/02/11 Photo by Kohyuh
ミコアイサ ♂
西池 滋賀県
2004/02/11
Photo by Kohyuh
 最近、ミコアイサのことを、パンダガモと呼ぶ愛好家が多いという。 *2

 確かに、白と黒の特徴のある配色は、一度見たら忘れられない。 また、観たくても、中々お目にかかれるものではない。

 八幡市の近くでは、枚方市の山田池や嵐山の桂川で観たことがあるだけだ。

 また、警戒心も強く、前述のような大きな池や川では、双眼鏡でも、かろうじて存在を確認できる程度にしか見えないだろう。







 ミコアイサがいた湖北町の西池では、池が小さいためか、観光客が多く、人馴れしているのか比較的近くまで来てくれた。 一羽だけでいた。







食べもの
 アイサという名前が着くものには、他に、カワアイサウミアイサがいる。 いづれも潜水を得意とし、水中に潜って、主に魚を捕って食べている。 貝やエビ・カニも食べる。



アイサのこと ・・・ ガンカモ
 アイサが カモ科 といっても、普通に連想するカモのようではない。 潜水型 のカモである。

 大体、私は、カモ科 の分類が気に食わない。 ガン類、カモ類、アイサ類を十把一からげして カモ科 としているからである。

 アイサは知らなくても、ガンとカモという言葉は、まず、誰でも知っているに違いない。 ただ、区別できるかどうかは知らないが ・・・

 鳥好きを自認する私は、カモとガンなら一目瞭然に区別が出来るのに、どちらも カモ科 というのが気に食わないのである。 それを恥じてか、ガン・カモ科としているものもある。

 それをするなら、ガン・カモ・アイサ科としなければ、納得できない。 それが長くて嫌なら、ガン科、カモ科、アイサ科に分けて欲しいものである。


 cf. ノコギリ歯

 




 いい加減な分類をするものだから、お陰で私は恥をかいたことがある。 ある鳥観の会で、カワアイサを見つけ、フィールドスコープをセットして、さあ、どうぞ見てください、言ったら、「カワアイサは、カモですか?」 と聞かれた。

 そのとき私は、カワアイサが カモ科 とは、思ってもいなかったので、「アイサです。 他に、ミコアイサというものもいます」 と答えたものだった。 (そのとき質問された方、スミマセンでした。)

 この時、私は未だ、ミコアイサの雌を観たことが無かった。 というより、いたかも知れないが、識別できる能力がないと言った方が正確かも知れない。








渡り
 ミコアイサは、ユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、冬は、主に、大陸南部に渡るが、一部、日本にも渡ってきて越冬する。
*8




名前の由来 *31
 江戸時代から 「みこあいさ」 の名で知られていた。 『巫女さんのように小さくて可愛いアイサの仲間』 という意味らしい。







 学名の意味 *12
 Mergus 潜水する
 albellus 白っぽい


 英名の意味
 smew 〔鳥〕 ミコアイサ
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997












2005/08/22
ユリカモメ (百合鴎) Page Top へ戻る
ユリカモメ 大阪市 大阪城公園 2004/11/23 Photo by Kohyuh
ユリカモメ
大阪市 大阪城公園
2004/11/23
Photo by Kohyuh

 ★写真は 成鳥: クリックで拡大する

チドリ目 Charadriiformes
カモメ科 Laridae
学名Larus ridibundus
英名Black-headed Gull
全長 (L) = 40 cm *2
冬鳥] 
雌雄同色




2005/08/22
黒い頭のこと
 英名で言う、黒い頭、というのは、夏羽 のユリカモメを見れば、一目瞭然、納得する。 私は、フランスの カマルグ湿原 で初めて見た。


 珍妙な鳥もいるものだと、また、また、新発見かも知れないと、楽しみにしていたのに、ユリカモメ (夏羽) と知ったときには、いささか、がっかりした。




風物詩
 京都の四条大橋から北にかけて、ユリカモメは冬の風物詩となっているが、渡去する春先に行けば、夏羽 姿が見られるのであろうか。 来シーズンは、是非とも確認したいものである。


 もちろん、冬羽が悪いというのではない。 夏羽 が、お相手探しの、正装としたら、冬羽は普段着姿で、それはそれで良い。 昔々、バードウォッチング を始める前のことだが、ユリカモメは、真っ白な鳥と思っていた。


 ところが、双眼鏡やデジカメ写真で見るようになってから、要らぬ細部まで目につくようになってしまった。 耳羽 の辺りの斑紋が、半べそをかいたように見え、我が身と重ね合わせてしまうのである。

 最近の光学機器は、精度が良くなってきているので、私生活は覗かれるわ、アップで映されるわ、鳥もたまったものではないだろう。 このようなアップに耐えられる人間が、何人いる? 自信のある方、申し出られたし。




都鳥のこと
 むかし、このユリカモメのことを間違って、都鳥 (みやこどり) と呼んでいた頃には、京都には少なかったという。 *11  また、ミヤコドリ という鳥は、別にいる。

 そして、京都の鴨川といえば、海岸からは程遠い場所であるが、その鴨川に、ユリカモメが、沢山来るようになった。 観光にきている分けではないと思う。 すべて、採餌のためであろう。






活魚は食べない
 ユリカモメが好むものは、はっきりいって残飯だ。 活魚は食べない。 というか獲れない、獲らない。 だから、ユリカモメの居るところ、河川の汚染が進んでいるという、指標の一つにもなっているほどである。


 それでも、まあ、道頓堀のように、ユリカモメも寄り付かないほど、汚染が進んでいるところと比べれば、立派なものだろう。

 大都会を流れる川として、あの鴨川の風景と併せて、世界の何処に出しても恥ずかしくない。





ユリカモメのねぐら
 鴨川のユリカモメは、琵琶湖を 塒 ねぐら にしていて、朝、鴨川に出勤してきては、夕方になると琵琶湖に帰って行くという。 出勤して来るときのことは知らないが、帰るときは、集団で帰るようで、それを見たことがある。


 蚊柱が立つというが、それに似て、ユリカモメの鳥柱が立つ。 数十羽のユリカモメが集まってきて、旋回しながら上昇していくから、確かに、柱のように例えられることが、良く分かる。






上昇気流が必要
 鴨川から、琵琶湖に帰るからには、東山を越えなければならない。 翼があるからといって、直接、越えていくには負担が多すぎる。 だから、上昇気流を捉まえて、ある程度の高度を稼いでおくのだろう。


 また、夕方といっても、暗くなってからでは、上昇気流は発生し難いであろう。 たいていは、三時半ごろに帰るそうだ。

 京都の人にとっては、時計代わりになっているという人もいるが、ちょっと、そこまでは、私は言わない。


 また、上昇気流は、局所的なものだろうから、必然的に、ユリカモメも、そこに集中する、ということだろう。 それでも、私は、鳥柱を、一度に、二本見たことがあるから、大集団で利用できるほどの、大きなエネルギーを持った上昇気流は、少ないのかもしれない。


 中には、乗り損ねた者もいるかも知れない。 それで、あの、半べそをかくのなら、仕方がない。






 渡り
 ユリカモメは、主にユーラシア大陸の中緯度のヨーロッパからアジアにかけて広く繁殖する。 冬は、大陸の東部・西部沿岸地域に渡って、越冬する。 一部は、日本全土に渡ってきて、越冬する。
*8






 学名の意味 *12
 Larus カモメ  【ギ】 larus
 ridibundus 笑っている  【ラ】 ridibundus、rideo 笑う


 英名の意味
 black-headed 黒い頭の
black  黒い、黒色の
headed  [複合語をなして] 頭が…の、…頭の
 gull 〔鳥〕 カモメ
 by Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997








↑ Page Top へ



八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2016   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾